ストックホルムの空を見上げて

2005年10月01日 

電車を見つめるモユル。 白黒写真その3 -ハッセルブラッド-

モノクロシリーズ、3回目の今回はハッセルブラッドで撮影した写真たち。前2回のローライたちはモノクロフィルムがまだ主流だった時代のカメラですが、このハッセルブラッドはカラーが全盛になってからの製品です。

この日のモユルは風邪気味で鼻ズルズルの為に機嫌が悪かったのですが、散歩には行きたそうでした。とりあえず厚着をさせて、電車だけを見に行く事にしました。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 400TMY
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

電車を眺められるポイントまでパパが抱っこをして行きました。。

>>続きを読む

2005年10月02日 

おもちゃ屋さんへゴー!

半年前には近所のショッピングセンターまで、一時間近くもかけてノロノロと寄り道をしながら歩いていたモユルですが、最近は随分と速くなりました。今回はその半年前の散歩の時以来、寄っていないおもちゃ屋さんに立ち入ってみました。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Sonnar FE 150mm F2.8 T*

この店はスウェーデン中に展開しているおもちゃのチェーン店。赤色を基調としています。

>>続きを読む

2005年10月03日 コメント (7)

PUMAプーマの子供靴。

気づいたらモユルのサンダルが小さくなっていた(正確には足が大きくなっていた)ので、急遽、新しい靴を買いに出かけました。本当は真冬に雪にも対応できるブーツを買うつもりだったのですが、早くなったので予定変更。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

それほど子供靴の種類が無い中、選んだのがこれ。理由はソール(靴底)が柔らかかったから。

僕の印象ではスウェーデンではこのプーマが超流行っています。ダウンジャケットに、ジャージとこの靴で典型的なストックホルムの女子高生が完成します。寒くなるとよく見かけるコーディネート(笑)。

>>続きを読む

2005年10月05日 コメント (4)

Carl Zeiss S-Planar 135mm/F5.6を入手!

数あるツアイスレンズの中でも特殊なレンズといえるS-プラナーを格安(たぶん)で入手しました。このレンズはそのままではハッセルブラッド本体に取り付ける事は出来ず、ベローズ(伸び縮みする蛇腹の事)か、バリアブル エクステンションチューブを使わねばなりません。

このレンズはベローズを使用したマクロ撮影に最適化されている(らしい)ですが、バリアブル エクステンションチューブを使用する事で普通のレンズと同じ感覚で使用する事が出来るようになります。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

40年ほど前のレンズにもかかわらず、はっきり言ってかなり良い状態でした。しかも入手元はハッセルブラッドの修理人。全ての機構が完璧に動作します。レンズシャッターですが僕のハッセルブラッド203FEに取り付けると、フォーカルプレーン シャッターで使用する事も可能になります。ちゃんとAE(自動露出)も使えます。背景はカエデ模様の和紙。

>>続きを読む

2005年10月06日 

ツアイス S-プラナー135mm - その2 -

まずはお知らせです。このサイトのトップ写真を本日撮ったばかりのストックホルムに切り替えました。青い空がとても綺麗ですのでご覧下さい。

前回に引き続き、Zeiss S-Planar 135mmで撮った写真です。今回は違う被写体を違う物にしてみました。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPC 160
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ Variable Extension Tube 64 - 85

僕とモユルの定番散歩コースから。ヒーヒー言いながら、坂を登った高台から見える湖。この日は本当に天気の良い日でした。

>>続きを読む

2005年10月07日 コメント (5)

ストックホルム スナップ写真。 -僕の通学ルート-

スウェーデン在住でありながら子供の写真ばかりを載せていましたので、今回は珍しくストックホルムの街を紹介。

僕は毎日、EOS 20Dを持ち歩きながら撮影しています。よく知られた観光スポットではなく、僕が通りがかった街角の写真がメインです。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

僕が家具製作を学んでいる学校および、現在の研修先である家具工房のすぐ近くにあるお店の前で見つけた自転車。駐輪しておいたら車に当てられたのでしょうか?可哀相だけど、ちょっと面白かったのでパチリ。

>>続きを読む

2005年10月08日 

ストックホルムのスナップ。 - その2 -

前回に引き続き、今回もストックホルム市内の景色をご覧下さい。本当はハッセルブラッドを持ち歩きたいのですが、気楽に使えるCanon EOS 20Dで撮っています。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

これは研修先のお客さんの部屋から。もっと左の方にはストックホルムの街が見えたりと絶景です。うらやましい。

>>続きを読む

2005年10月09日 

スウェーデンのゴシップ誌。

今回は珍しくゴシップネタ。デザインや福祉政策などでクールなイメージのある(らしい)スウェーデンですが、日本などと同じくちゃんと女性週刊誌も、ゴシップ誌も売られています。

051009_01.jpg

参照: Veckans NU!
2005年18号

これは週刊誌NU!。有名人の記事がほとんどです。ちなみにNUとは英語でNOWを意味する言葉。この中でちょっと興味深かったのが、左端に見えるMADDE〜の部分。Maddeとはスウェーデン王室の次女Madeleineの愛称。

彼女は次期国王になる姉ビクトリアよりも、スウェーデン国民からのかなり高い人気(らしい)を保っています。実際、2月のバレンタイン時の調査”どの有名なスウェーデン人女性からバラの花をもらいたい?”というアンケートで堂々の一位でした(笑)。

スウェーデン王室のサイト
ファンクラブのサイト(なんと運営は女性)

>>続きを読む

2005年10月10日 コメント (2)

レンズの研究。ツアイスS-Planar135mm/F5.6

手に入れてからまだ一週間もたっていないSプラナー135ミリの接写力を調べる為に実験がてら色々と試してみました。これまでに雑誌でもネットでも、見た事もない内容です。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

このSプラナー135ミリは元々はベローズ(伸縮可能な蛇腹)専用のレンズでマクロ領域から無限の距離までピントが合うようになっています。僕はベローズを持っていませんが、バリアブル エクステンションチューブがその代わりになってくれます。この写真の組み合わせはSプラナーにバリアブル エクステンションチューブを2個、プロクサー0.5mという接写レンズを2枚つけた状態です。

このレンズに合うサイズのフィルター類を色々と集めていた(見た目の程度は今ひとつだけど、描写は問題なしだと思う)ので、様々な条件下で実験を行いました。

>>続きを読む

2005年10月11日 コメント (5)

チーちゃんのお昼寝場所。

娘のミチカは3ヶ月半になり、だんだんと生活のリズムが掴めてきました。今回はそのチーちゃんのお昼寝場所について。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

ありふれた一日の一コマ。本当はベビーカー用のカゴ(新生児向け)ですが、室内で使っています。モユルはママお手製のガラガラ(ペットボトル内に色々と入っている)で遊んでいます。ママはパパが作ったオモチャ(これもガラガラ?)でチーちゃんをあやしています。

>>続きを読む

2005年10月12日 コメント (5)

秋も深まってきたストックホルム。

モユルとのお散歩時には、夏と比べると日が短くなってきた事を非常に感じます。それに平行して周辺の木々たちも衣替え中です。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

日本のカエデとは葉っぱの形が違うスウェーデンのカエデ。

今回は日本の紅葉と比べると今ひとつなスウェーデンのカエデを少しでも映えさせる為に派手めの色で仕上げてみました。けっこう良いかも(笑)。

>>続きを読む

2005年10月13日 コメント (2)

モユルに対抗。

このところ、モユルやミチカの写真ばっかりなので傾向を変えてみる事にしました(笑)。

おや、モユル君が新しいゴーカートをゲットしたのかな?嬉しいみたいで得意満面な顔だねっ!でも、足が届いていないよ〜(笑)。

>>続きを読む

2005年10月14日 

モユルの暴れっぷり。

我が家の2歳4ヶ月とちょっとの息子は、好奇心のおもむくままに行動しまくっています。まだ実害(笑)はパソコンのキーボード程度で済んでいますが今後が思いやられます。あ、そういえば携帯電話も壊されていたね。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

ご存じ、我が家の若大将です。

>>続きを読む

2005年10月15日 

妹にまでちょっかいを出すモユル。

前回に引き続き、モユルの暴れっぷりをご覧下さい。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

お昼寝中のチーちゃん(妹、ミチカ)にも容赦ありません。気になるんだよね〜。

>>続きを読む

2005年10月16日 コメント (4)

地球の歩き方には(たぶん)載っていないストックホルム。- その1-

僕が家具製作を学んでいる学校付近のエリアはかなり古い建物があったりと、とても興味深いです。そんなガイドブックでは載っていないストックホルムの見どころをご紹介します〜。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

ストックホルムで一番景色が良いと自称するカフェから。これは本当にスゴイ。今度(夏にでも)はちゃんとお茶しに来まーす。

>>続きを読む

2005年10月17日 コメント (4)

ガイドブックには(たぶん)載っていないStockholm。 -その2-

旅行ガイドブックには街の中心部や、目立つ場所が大きく扱われていますが、僕はちょっと違う場所を紹介します。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

ストックホルム南エリアにある小さな門。ここをくぐると教会の敷地になります。

>>続きを読む

2005年10月18日 コメント (3)

ガイドブックとは違った視点で見るストックホルム。 -その3-

前2回に引き続き、ガイドブックではあまり分からないストックホルムの見どころをご覧下さい。今回は市街中心部です。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

ガムラスタン(旧市街)にある、この場所は建物の間ではなく、れっきとした”道路”で、”ストックホルムで一番狭い道”なんです。

>>続きを読む

2005年10月19日 

スウェーデンの木彫り人形。

一ヶ月ほど前に見つけたストックホルム市内にある木彫り人形の店へ行ってきました。前回は窓越しに眺めるだけでしたが、今回は店内(工房内)も見て、色々と話を聞いてきました。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

これは今回、僕が購入してきた人形。スウェーデンのナショナル コスチュームと言える民族衣装を着た女性です。たぶん店に並んでいた物の中で一番若い(笑)。

>>続きを読む

2005年10月20日 コメント (3)

ストックホルムの4大高級ホテル。

今回は街を歩きついでにストックホルムの高級ホテル巡りをしてみました。覗いただけではなく、ホテルマンに話しかけてチェックしてみました。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

もらってきたパンフレットたち。まずは現実的な報告から。どのホテルも残念ながら写真を撮らせてくれませんでした。また、一泊するのに最低3万円(シングル)は必要。ハーバービュー(海が見える部屋)だとさらに値段が跳ねあがります。”朝食は含まず”というホテルも。

ということで、イクルの超私的なホテル紹介です。

>>続きを読む

2005年10月21日 コメント (3)

韓国のおんぶヒモ、ポテギを入手!

ママがずっと欲しがっていたポテギを購入しました〜♪韓国のおんぶヒモで前抱っこも、おんぶにも対応できて肩への負担も楽だそうです。日本の抱っこヒモや、手作りのスリングなど抱っこヒモ評論家になれそうです(笑)。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

ポテギがスリングよりも良さそうな点は、抱えている赤ちゃんの安定感。しっかりと支える事ができるみたいです。カズエは家事が楽とご機嫌です。前向きに抱っこするとチーちゃんもご機嫌。

逆にスリングが良い点は、寝かしつけがすごく楽な事。当分、どちらも手放せそうにありません。

>>続きを読む

2005年10月22日 

馬具、革工房へ行く。

今日はストックホルム市内の家具工房での研修最終日。注文していた椅子の座面を受け取りに、市内にある革工房へ行ってきました。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

この専用のカバーで覆われているのは革を曲線に切る特殊なナイフ。刃を下にして握ります。

>>続きを読む

2005年10月23日 

オーケ アクセルソンに会いに行く。

僕の研修最終日、ストックホルム郊外にデザイン事務所、工房兼、自宅を構えるデザイナー、オーケ アクセルソンに会いに行きました。彼は椅子のマイスターとも呼ばれるほどたくさんの椅子をデザインしています。スウェーデン家具の巨匠と呼んで差し支えないでしょう。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

昨夏の展示会パンフレットが表札の上に貼られていました。毎年、夏にはヨーロッパ中からヨットや観光客が集まる街の、風光明媚な場所に建っています。

>>続きを読む

2005年10月25日 コメント (2)

いきなり寒すぎのストックホルム。

本日(10月23日)のストックホルムは冷凍庫並みに冷え込みました。最高気温1度で、最低気温がマイナス4度です。明日はちょっと暖かくなるらしく予想最高気温が8度♪

いよいよ、本格的な冬到来です。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

そんな極寒の中でも、モユルはお散歩に行きたがります。僕とカズエが”オサンポ”という単語を発するだけで、モユルは靴下、靴、手袋、上着のお出かけセットを持って来て、”着せて〜”と猛アピールを開始するほど(笑)。

>>続きを読む

2005年10月26日 

お疲れ様〜。

今日(日本時間では正確に言うと昨日)、僕(パパ)の大事な友達に赤ちゃんが生まれました。ずっと気になっていたので、とても嬉しいです。

本日のストックホルムはこの様な感じ。綺麗に晴れ渡っていました。いつか、赤ちゃんと一緒に遊びに来てね。

本当におめでとう!そして、お疲れ様。ゆっくり休んでね。

>>続きを読む

2005年10月27日 コメント (4)

キャノンEOS20Dにハッセルブラッド用のツアイスを付けてみる。

今回はタイトル通りの事をレンズアダプターを使って試してみました。画角が狭いとか、レンズが超重いとか、AE(自動露出)が使いづらいなどの不満点も容易に思いつきますが、僕の感想は”ツアイス最高♪”

ローライを使った時も同じような事(例1例2)を言っていましたが、やっぱりツアイスのレンズは文句なしに素晴らしいです。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*

気に入ったのでいつもより大きめのトップ写真。まだ残っていたタンポポを摘むモユル。撮影は2週間ほど前。

>>続きを読む

2005年10月28日 コメント (2)

ストックホルム、夜の輝き。

学校帰りにいつもは地下鉄に乗ってしまうのですが、今日はちょっと気分転換としてストックホルム中央駅まで30分くらいかけて歩いてみました。冬至へ向けて、一日で6分(要するに10日で1時間)前後も日が短くなっています。今週末には夏時間が終わるので、日が暮れる時間がますます早くなります。


カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6 手持ち

定番のガムラスタンを通り抜けました。街灯自身の枠が影となって壁に映っています。

>>続きを読む

2005年10月29日 

チーちゃん、4ヶ月になる。

初夏(6月末)に生まれたミチカ(チーちゃん、娘)ですが、早くも4ヶ月になりました。寝返りはまだ出来ませんが、かなり動けるようになりました。笑顔もすごくたくさん見せてくれるので家族全体が和みます。

笑顔の写真はこれまで何度()も載せてきたので、もうちょっと普通の顔を撮ってみました。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6

お散歩へ出発前にフリースの着ぐるみを着せられたチーちゃん。ちょっと大きいのだけどかなり暖かそう。

>>続きを読む

2005年10月30日 コメント (4)

スウェディッシュスタイルが東京にやってきます。

ss01.gif

毎年、東京周辺で東京デザイナーズウィークなどと共に開催されているSwedish Style in Tokyoが、今年も11月2日から12日まで催されます。

スウェーデンの最新デザインやカルチャーなどを幅広く紹介するイベントで、たくさんのイベントが企画されています。例えばジャパン デザイン ネットでの通知はこちら

>>続きを読む

2005年10月30日 

久しぶりにハッセルブラッドで撮る。

風邪をひいたり、寒かったり、忙しかったりで気づいたら20日間もハッセルブラッドで写真を撮っていませんでした。という事で、今日は天気も良いのでモユルを連れてお散歩撮影に出かけました。レンズはプラナー80ミリ。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPS 160
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

いつもの公園で落ち葉の海(正確には吹き溜まり)を発見。

>>続きを読む

2005年10月31日 

久しぶりにストロボ撮影。

これから冬が近づくにつれて、室内での撮影が必然的に増えてくる事が容易に想像されます。そこで、あると便利なストロボ(フラッシュ)をハッセルブラッドに取り付けて練習。デジタルカメラと違って結果を簡単に見る事は出来ないので、色々と頭を使いました。

前回はカメラ内蔵のAE任せの撮影(フラッシュ光を補助的に当てる程度。)でしたが、今回はハッセルブラッドのTTL自動調光を信じて早めのシャッタースピード(1/60秒)を設定しました。光は真上の天井へ飛ばして拡散。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss S-Planar C 135mm F5.6
+ D-Flash40

どの様な結果になるかちょっと不安でしたが、充分満足いく物が撮れていました。良い顔だね〜、チーちゃん。

>>続きを読む