ストックホルムの空を見上げて

2005年07月01日 コメント (2)

ある一日。

ミチカ(充花。赤ちゃんの名前)が生まれてからまだ6日。自宅へ帰ってきてからもまだ4日。それでも、だんだんと生活のリズムが決まってきました。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6
撮影時: ISO100 1/40s F5.6 マニュアル露出 Flash fired

カズエは出産の疲れからの回復と、ミチカの世話が主要な仕事。あと、洗濯も担当。パパではダメらしい。

>>続きを読む

2005年07月02日 コメント (3)

フィルム写真に夢中なパパ。プラナー 150mmで撮る。



今回は昨日撮ったモユルの写真です。突然お兄ちゃんになってしまい、やや不安定気味のモユルですがいつも通りの食後の散歩に出かけました。生活のリズムは普段通りにするからね。

最近の僕はAF(オートフォーカス)のレンズから、MF(マニュアルフォーカス、手動)のレンズ、デジタルからアナログ(フィルム)カメラへと比重が移りつつあるのですが、今回選んだのもやっぱりフィルムのカメラ。天候、光の量によってフィルムを選んだり、どのレンズにするかと悩むのは超楽しいです(笑)。

今回選択したのは
カメラ:ハッセルブラッド 203FE
レンズ:ツアイス Sonnar 150mm/F2.8
フィルム:富士フイルム NPH(日本ではたぶんNH) ISO400
総重量2.3キロ(笑)。

広角レンズを僕は好んで使うのですが、150mmはグッと望遠系。雲が厚くシャッタースピードが稼げない条件下でしたが、光がとても柔らかいのでポートレート撮影には最適と判断しました。

>>続きを読む

2005年07月03日 コメント (4)

ストックホルムへ地下鉄に乗ってお出かけ + ディスタゴン18mm。

注文してあったカメラの備品が届いたとの連絡があったので、モユルを連れてストックホルム市内まで出かけました。いつもは電車で一本なのですが、今回はわざと回り道をして地下鉄に乗っていく事にしました。

ストックホルムの地下鉄はカメラを持って一日かけて回るだけの価値があるほど見応えがあるんです。今回はEOS 20DにツアイスのDistagon 18mmを付けていきました。ズーム無しの広角撮影限定にしてみました。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4
撮影時: ISO100 1/400s F不明 絞り優先AE

まずは自宅近くのバスターミナルから出発。バスの中にもベビーカー用に十分なスペースが確保されています。ついでにベビーカーと一緒だと乗車は無料になります。

>>続きを読む

2005年07月04日 コメント (1)

ストックホルムの地下鉄に乗って街へ。その2。

前回に引き続き、モユルと一緒にストックホルムへ出かけた話です。わざわざ地下鉄散歩をしていきました。

ストックホルム地下鉄にはゾクゾクするほど楽しい駅が一杯あります。各駅毎に芸術家やグループなどが担当していて、全く違った表情をもっています。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4
撮影時: ISO800 1/25s F不明 絞り優先AE

ヴェストラ スコーゲン駅。様々なタイルを並べて色々な紋様の壁がある。

>>続きを読む

2005年07月05日 コメント (15)

出産後、初のお出かけ + 子供の写真をネットに載せる事について

日曜日のストックホルムは超快晴。家に閉じこもっている理由は何もないので、お昼ご飯のオープンサンド(パパ作)を持って5分くらい歩いた先にある芝の広場でピクニックをする事にしました。カメラはEOS 20Dとローライフレックスの2台を持って行きました。ミチカ(娘の名前)にとっては生まれて初めてのお出かけなので、カメラマン魂が沸きかえりました(笑)。

と、今回はこの話をメインにする予定でしたが、同時進行でもう一つの話題も追加します。文字の色で内容を分けました。このブログと比べると遙かに有名なブログ”カメラと一緒にパリでお散歩*”で、アリアちゃんのパパが書いていた事柄は、僕たちも日頃から気にしていた事でした。簡単にいうと、子供の写真をネット上に載せる事の是非についての考え方でした。

*注
今回のブログ内にはスウェーデンの制度などについて書いていますが、絶対確実な内容ではないのでご了承下さい。また、僕の私的な考えも並んでいますので、ご意見、反論等もあるかもしれません。

カメラ: Rolleiflex
フィルム: 富士フイルムNPS ISO160
レンズ: Carl Zeiss Planar 80mm F2.8

まずはベビーカーに乗って出発〜。パパはスリングにミチカとカメラ機材を首に掛けています。たぶん総計9キロ(笑)。ベビーカーに取り付けられる傘はちゃんと向きの変更も可能になっています。タイヤはチューブ式なのでちょっとした段差くらい余裕。本体の構造自体がバネのようになっているので階段もピョンピョーンッと下りる事が出来ます。

子供をネット上に載せて不特定多数の人が見られる状況にする事はリスクを伴うという指摘があります。

>>続きを読む

2005年07月06日 

まずはスクープから。

昨日は色々と考えていたら日付が変わってしまい、今日は案の定、寝不足のパパです。
今回はいつもと趣向を変えて、文章だけでのスタートです。

ある朝、ママが洗濯中で部屋にいない時、モユルがトコトコとチーちゃん(娘の名前)の横へ近づき、座り込みました。専属カメラマンとして常に待機状態のパパはシャッターチャンスだと悟り、カメラに手を伸ばしてスリープを解除したその時!!!!!!

>>続きを読む

2005年07月07日 コメント (2)

ズームレンズを使いこなす。

娘の誕生に伴って、スウェーデンへの住民登録や日本への出生届の書類準備に追われています。僕たちの滞在ビザ延長申請もしないといけないのに、僕のパスポートの延長(期限切れ間近)もしないといけないと判明(笑)。

このところ、フィルムカメラの単焦点レンズにどっぷりと浸かっていましたが、月曜日の散歩ではEOS 20DにズームレンズであるEF-S17-85mmを持って行きました。フォーカスはかなり素早く、画質も必要充分レベル、そして手ぶれ補正まで搭載されているので子供を撮影する為の常用レンズとして最適と考えています。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6
撮影時: ISO200 1/30s F11.0 シャッター速度優先AE

単焦点レンズと比べて描写が劣る(一般的に)ズームレンズですが、単焦点レンズでは絶対にマネの出来ない表現手法を使う事ができます。上の写真は、モユルがBRIOブリオの押し車を持ち出している事くらいが真新しいけど、ごく普通のお散歩写真。

しかし、あるテクニックを使うと。。。

>>続きを読む

2005年07月08日 コメント (6)

BRIOワゴンと一緒にお散歩。

数日前からモユルはBRIOブリオ製のワゴン(手押し車)と散歩をするようになりました。そして、水曜日のストックホルムは超快晴。モユルはお昼寝の気配無し。パパはモユルを撮るべく連れ出す事に決定。当然ながらモユルは喜んで付いてきます(笑)。

カメラはハッセルブラッド(今回の総重量は3キロ)。絞り込めるようにISO400のフィルムを選択。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*

まずは道路をまたぐ端を渡ろう〜。

>>続きを読む

2005年07月09日 コメント (2)

将来へ向けた商品撮影の練習。

パパ業で今までほど自由な時間がないイクルです。家族が寝静まってからこのブログを書いています。

今回はブログではなくサイトの更新もしようと思い立ち、機材の撮影などをしてみました。元々、僕が写真に興味を持ったのは、自分で作った物たちを撮影し記録する為でした。製作した物が、人の手に渡ってしまう前にしっかりとしたデータを残しておく事は非常に重要と考えています。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6
撮影時: ISO400 1/30s F9.0 マニュアル露出 Flash fired

という事でカメラ機材の撮影をしてみました。光の当て方を色々と工夫して、柔らかい光が回り込んでくるようにしました。でも、商品撮影ということでディテールがよく分かる事も必要です。レンズフード内に光を導くのはちょっと手こずりました。

>>続きを読む

2005年07月11日 コメント (2)

撮影練習 その2。絞りの変化を試す。

EOS 20Dにアダプタを介して装着しているCarl Zeiss Distagon 35mm/F1.4のレンズは、絞りの変化にEOS側で正しく認識できない(アダプターの説明書にも記述がある)ようで使用時(マニュアルか、絞り優先AE)にどの様な傾向が出るか覚えておくと良さそう。いずれにせよ、ボケ具合には影響しないので気にせず撮ってついでにテスト。

*注 このブログ上の写真は画像処理をかけて露光をおおよそ同じにしてあります。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
撮影時: ISO200 1/1600s F1.4 絞り優先AE

開放(F1.4)での描写。ピントの合う範囲(被写界深度)が極端に狭い事が分かる。

>>続きを読む

2005年07月12日 

湖へお出かけ。

ここ、ストックホルムは天気が良く暑い日(連日30度超)が続いています。水辺なら涼しいかと思い、近場にある湖へ出かけてみましたが、やっぱり暑かったです。

もちろん今回も散歩がてら撮影をしてきました。ハッセルブラッドとツアイス プラナー80mmレンズ。フィルムは絞り込んでもシャッタースピードをかせげるよう(手持ちの為)に高感度ISO400。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

湖沿いはほとんど芝生で覆われているけど、所々に水辺があって、水鳥がたくさんいる静かな場所になっています。日光浴をしに近所から人々が集まり、泳いでいる人もたくさん。ん、モユルはどこかな〜?答え。左下辺りに見えています。

>>続きを読む

2005年07月13日 コメント (3)

モユル初めての水遊び。

土曜日に引き続き、日曜日もモユルと一緒に湖へ出かけました。今回はバスに乗って数キロ先まで行き、そこから歩いて帰ってきました。モユルはたくさんの新しい経験をしました。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

初めてお風呂以外の場所で水の感触を知るモユル。ほ乳瓶はこんな時にモユルを落ち着かせる為の必需品(笑)です。

>>続きを読む

2005年07月14日 コメント (6)

真夏のストックホルムへお出かけ。

夏真っ盛りのストックホルム。火曜日にモユルを連れて市内観光をしてきました。行き先は観光客だらけのルート。お上りさんになりました〜。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*

超小型のデジタルカメラを持っている人が大半なのに、僕はずっと大きいハッセルブラッドを持って行きました。我ながら物好きだ(笑)。珍しく一日でフィルム2本を消費(12枚X2本)。

>>続きを読む

2005年07月15日 コメント (4)

ストックホルム王宮の衛兵交代式を見物。

昨日からのつづきです。ガムラスタンと隣り合っているスウェーデン王室の王宮へ行ってみました。

*注
幾つかの写真内に虹の様な縞模様が見えていますが、これはスキャン時にフィルムが反っていた為です。現像後すぐにスキャンしている為にこうなりました。反りが解消するまでには数日はかかります。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*

いつもの様に(例1例2)で王室直属の衛兵を撮るつもりで王宮へ向かいました。ここは王宮の北側の出入り口。

>>続きを読む

2005年07月16日 

ストックホルム散歩。 その3

モユルと一緒に出かけたStockholm散歩。街中に観光客があふれている中、パパ(イクル)はベビーカーを押しつつ、写真を撮っていました。今回はやや近代的な建物たちです。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*

以前のエントリーでも紹介した王立劇場。右側は王立公園。右手前にはやっぱり不思議な鼻と指が浮いています(笑)。

>>続きを読む

2005年07月17日 コメント (9)

超難しかった焦点距離300mmの手持ち撮影。

ふと、焦点距離を2倍にするコンバーターを150mmレンズに取り付けモユルを撮影しようと思い立ちました。焦点距離は300mmとなり望遠レンズの領域。望遠撮影はカメラを三脚に固定するのが安全確実ですが、今回は無謀にも手持ち撮影に挑戦。カメラの外観はバズーカー砲?という巨大さ。全長30センチくらいありました(笑)。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Sonnar FE 150mm F2.8 + Converter 2XE

ハッセルブラッドで動き回る子供を撮影する事でさえ難しい(連写できない。手動ピント合わせ。重くて大きい等。)のに、さらに長焦点距離になり追い切れなくなってしまいました(笑)。これは、方向転換をする瞬間を狙い撮影。

>>続きを読む

2005年07月18日 コメント (4)

ローライで撮った写真たちが出てきた

先日、日本から送ってもらった過去のフィルムたちをスキャンしてみました。その中にはローライで撮った写真もあり、懐かしく思いました。幾つかご覧下さい。


050717_01.jpg

カメラ: Rolleicord

箱根プリンスホテルの芦ノ湖畔に面した庭から見た富士山。僕がスウェーデンに来る直前なので2000年の夏だと思う。

>>続きを読む

2005年07月19日 コメント (1)

やっぱりローライは素晴らしい!

何度も書いていますが、ローライ最高(笑)!

何度撮っても期待通りの素晴らしい描写が現れ、感激してしまいます。超シャープに写る現代のカメラと比べても、写真表現から考えたら全然負けていません。というか、超素晴らしい。

と、やや興奮気味でのスタートですが今回も定番のモユルを撮ってみました。Rolleiflexローライフレックス 2.8Fは1960年製の2眼レフカメラ。ローライ2眼レフカメラ全盛期(たぶん)の名機と言われています。もちろん、露出、ピント合わせなどは手動です。オモチャのような現代のカメラと大きく異なり、金属の質感、感触が使う喜び(僕だけ?)を味わせてくれます。その分、重量は約1.5キロ。

カメラ: Rolleiflex
フィルム: Fujifilm NPS 160
レンズ: Carl Zeiss Planar 80mm F2.8

初めてモユルがパパの希望を聞き入れてくれた一枚。”ねえねえ、そこに座ってよ”と言ったら、理解しているのかいないのか座ってくれたんです。とは言っても、約10秒位だったので、この一枚のみ。

>>続きを読む

2005年07月20日 コメント (6)

コペンハーゲン日帰り旅行。その1。

いきなりですが、モユルを連れてコペンハーゲン(デンマークの首都)へ行ってきました。しかも、前々日に予約して日帰り。目的の1つはケンタッキーでチキンフィレサンドを食べる事(笑)。ストックホルムにはお店がないんです。

いつもならばEF-S 17-85mmレンズを選ぶのですが、今回はツアイス18mm。少し絞っておけばピント合わせ不要なくらい被写界深度が深く、重量も軽いので選択。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4
撮影時: ISO400 1/20s F不明 絞り優先AE

ライアンエアのような格安で飛べるフライ ノルディック社を選択。SAS(スカンジナビアン航空)と全く同じルート(ライアンエアだと郊外のちょっと不便な立地の空港になる。)でありながら、片道一人7000円ほど。2歳を超えたモユルにもちゃんと席があります。

>>続きを読む

2005年07月21日 コメント (5)

日帰り旅行。その2”コペンハーゲンの街”

月曜日にモユルを連れて行ってきたコペンハーゲン旅行。日帰りだったので街中には5〜6時間だけの滞在でした。でも、天気はまあまあ良く色々と歩き回ってきました。


カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4
撮影時: ISO100 1/50s F不明 絞り優先AE

公衆電話。こういう公共デザインはスウェーデンと同じく見応えがある。

>>続きを読む

2005年07月22日 コメント (4)

Copenhagen日帰り旅行。その3。

Denmarkといえば家具などのデザインでも非常に有名。もう既に僕は10回以上はコペンハーゲンの街に来ていますが、毎回必ず寄っていくのがIllumus Bolighusイルムス ボリホス。いや、ここをみる為に来ると言っても良いくらい好きな店。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4
撮影時: ISO800 1/20s F不明 絞り優先AE

王室御用達という事もあるが、店舗そのものや、商品の見せ方、センスなど最高だと思う。大げさかもしれないけど、日本にたくさんあるセレクトショップとは一線を画していると感じます。年一回発行されるカタログも非常に見応えがあるので、いつももらってきます。無料なのが信じられないくらい資料としても使えそうな内容。写真も素晴らしい。デンマーク語表記だけどスウェーデン語と似ているのでけっこう読める。

商品の値段はポンッと買える手頃な物から、超高級品まで様々。陶磁器のロイヤルコペンハーゲン、銀製品のジョージジェンセンと一緒のグループで、店舗も内部で繋がっています。

>>続きを読む

2005年07月23日 コメント (3)

Rolleiローライ35で撮るモユルの散歩。

先日、モユルがBRIOワゴンと一緒に散歩している様子を紹介しましたが、今でもほとんどの散歩で一緒です。特に雨上がりはもう大変。今回は二日分の写真を合わせてご覧下さい。雨上がり散歩はいつもこんな感じです。

使用したフィルム2本はモユルとミチカの出産時にもらったノーブランドの品。モユルの分はとっくに使用期限切れでした(笑)。

カメラ: Rollei 35
フィルム: ノーブランドのフィルム ISO200
レンズ: Carl Zeiss Tessar 40mm F3.5

舗装の境を流れる水が気になってしょうがないモユル。

>>続きを読む

2005年07月24日 コメント (2)

長靴を履いてお散歩♪

水たまりで激しく遊ぶようになり対策が必要になりました。という事で、今回は長靴を履かせてお散歩へ〜。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: EF-S17-85mm F4-5.6
撮影時: ISO200 1/200s F5.6 絞り優先AE

最初は見慣れない靴なので履くのを嫌がったモユルですが、出かけてしまえば普通通り。ピントが外れた写真のようですが、よく見て下さい。長靴にピタリと合わせたんです(言い訳)。

>>続きを読む

2005年07月25日 コメント (4)

ミチカ、生後一ヶ月になる。

おめでとー、チーちゃん!一ヶ月になったねー!そろそろパパと遊ぼうよーっ!

と、親バカ丸出しですが、今日はメデタイ日なので良しとしてください(笑)。充花(ミチカ。娘の名前)が生まれてから今日でちょうど一ヶ月になりました。早いっ!というのが感想です。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 35mm F1.4
撮影時: ISO400 1/50s F不明 絞り優先AE

当然ながら今のミチカの大事なお仕事は寝る事。寝る、泣く、乳飲むが基本です。嬰児の肌から一皮むけて赤ちゃんらしくなってきました。プヨプヨのお肌です。

>>続きを読む

2005年07月27日 

ママとお散歩。

昨日はモユルを寝付かせようと添い寝をしていたら、僕が寝付いてしまい、ブログの更新が出来ませんでした(笑)。しかも昼間にはキーボードを全分解して清掃する羽目に。前日にモユルがほ乳瓶の水を流し込んだからなんです。。。ブルートゥースのキーボードなのでMac自体は平気でしたが、フィルム基盤などに入り込んでいた水分を拭き取らねばなりませんでした。

カメラ: Rollei 35
フィルム: ノーブランドのフィルム ISO200
レンズ: Carl Zeiss Tessar 40mm F3.5

さて、今回はいつもパパと二人で行く散歩にママが一緒に付いてきた時の写真です。もちろんミチカも一緒です。どこにいるかというと、パパがスリング(参考サイト)に入れて抱えています。

>>続きを読む

2005年07月28日 コメント (3)

室内でモユルを撮る。

このところ天気が今ひとつのストックホルム。雨が降り、肌寒い日が続いています。という事で、久しぶりに室内でモユルを撮影してみました。

EOS 20Dだと撮影感度を簡単に上げられますが、今回はハッセルブラッド+ISO400のフィルム。最初の2枚は手持ちで撮ったのですが、かなり無茶だったので三脚を使う事にしました。が、僕の持っている物はコンパクトデジカメ用の2千円くらいで買った三脚。当然ながらハッセルブラッドを載せると簡単にしなり、倒れるリスク満点(笑)。それでも無いよりは断然マシで、安定感が増しました。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8
撮影時: 1/10s F4.0 絞り優先AE

スキを見つけてはいつものようにMACの前へ行くモユル。最近はビデオの再生方法など諸操作を覚えました(笑)。

>>続きを読む

2005年07月29日 コメント (2)

食後のお散歩。長距離編。

毎日、夕食後にモユルを連れて散歩をしています。寝付きが良くなるので必須事項になっていますが、今回はもうちょっと足を伸ばして湖まで行ってみました。以前にも紹介した場所ですが、このところ天気が冴えなかったので2週間ぶりでした。

カメラ: Canon EOS 20D
レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4
撮影時: ISO400 1/13s F不明 絞り優先AE

湖に到着直前の森。帽子はパパのパタゴニアだけど、モユルにはまだまだ大きすぎ(笑)。

>>続きを読む

2005年07月30日 コメント (2)

パパとママのダブルカメラマン体制。

天気が良かったのでランチの時間に家族みんなで湖へ行ってきました。いつもは僕とモユルの散歩コースですが、ママとミチカ(娘)も一緒です。今回はカメラ2台を持って来ました。モユルを撮影するパパをママが撮影するという作戦です。

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Fujifilm NPH 400
レンズ: Carl Zeiss Sonnar FE 150mm F2.8 T*

EOS 20Dを首から提げながらモユルと歩くママ。けっこう格好良いのでビックリ。実は僕の知らない過去をお持ち(笑)!?

>>続きを読む

2005年07月31日 コメント (4)

もゆるをビデオ撮影。

EOS 20Dを使い始めてからビデオ撮影の機会が激減。これはイカン!と思い、久しぶりにカメラを持ち出しました。僕は高価なカメラだとしても売る事を考えずに、使い倒すつもりならば高くないと考えるタイプですが、ビデオカメラはもっと使ってあげないと〜。4ヶ月ぶりの使用だったのでバッテリーを充電する事から始めました。

撮影後はAppleのiMovieで編集。iTunesの様にかなり使いやすいソフト。僕はいまだに説明書やヘルプを見ずに使っています。それくらい簡単。でも、必要な機能は揃っている。

ネット上に編集したビデオ映像を置いておきました。約3分半で30メガほどの容量があります。高速回線でもダウンロードに数分はかかりますのでご注意下さい。mov形式ですので再生にはQuickTimeが必要です。

>>続きを読む