ストックホルムの空を見上げて

2007年08月01日 

5Dのスクリーンを取り替えてみた。

日本から送ってもらう荷物の隙間に、前から試してみたいと思っていたファインダースクリーンを入れてもらいました。

070801_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Sonnar 135mm F2.8 T*

ブランコの柵にもたれるミチカ。

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

これがそのスクリーン。Ee-Sスーパープレシジョンマットという物。ピント合わせがし易くなるという評判を聞き、試してみることにしました。交換自体はとても簡単。

>>続きを読む

2007年08月02日 

ストックホルムの超々定番観光スポットへ。

このところ毎日のように図書館へ出かけていたのですが、今朝は気持ち良いほどの快晴。これは勿体ないと思い、お上りさんになってストックホルム観光に出かけることにしちゃいました。

070802_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

ストックホルムで観光客が必ず来る場所(実際、観光バスが大挙してやってきます)、そこが目的地です。どこでしょうか?

>>続きを読む

2007年08月03日 コメント (2)

王宮の衛兵交代式。

ストックホルムの夏の定番観光イベントといったら、王宮で行われる衛兵交代式でしょう。夏休み期間中(9月始めくらいまで)は毎日開催されています。もちろん無料。

7月中は暑いからか、馬は休暇で不参加なのですが、僕たちが訪れた昨日には、騎馬隊が戻ってきていました。

070803_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

楽団も馬に乗って演奏しています。

>>続きを読む

2007年08月05日 コメント (3)

カメラマン デビュー?

この日の散歩にモユルはリュックサックを持っていきました。中身に何が入っているかは教えてくれません。

070805_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Sonnar 135mm F2.8 T*

急坂を登っているように見えますね。

>>続きを読む

2007年08月07日 

スーパーワイドは難しいけど、それこそが魅力。

昨日、今日のストックホルムは久しぶりの暑い日になっています。電車、バス内には冷房が無いので昼間は大変です。

さて今回は世界最高のカメラと言われるSWCの写真です。ハズレ写真を量産してしまうのだけど、時々、ずば抜けた一枚が混ざっていたりするともう夢中になってしまいます。子供たちを撮るのなかなか難しいです。

広角レンズ=広い範囲が写る
のですが、
子供を大きく撮る為には→近づかないといけない→被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)が浅くなる=目測のSWCではすごく難しくなる
という困った状態に陥ってしまうのです。とはいえ、負けるわけにはいきません。

カメラ: Hasselblad SWC
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5

動いていなければ比較的、楽に撮れるかな。露出+ピント合わせをする余裕が有ります。

>>続きを読む

2007年08月08日 

寄るべし!

ハッセルブラッドのスーパワイドで子供を撮るなら、頑張って寄るべしと判断しました。

他にも、正面とか真横からではなく、グイッと斜め下から狙うのも迫力が出て、尚良し。

カメラ: Hasselblad SWC
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5

もう一息近づいても良かったかもしれません。

>>続きを読む

2007年08月09日 

新しい帽子。

最近、我が家での困り事として帽子の紛失が挙げられます。気付くと、どこかで帽子を落っことしてしまっているようです。この時期のスウェーデンは日差しの強いので、帽子は必需品です。

070809_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Sonnar 85mm F2.8 T*

ということで新しくチーちゃんの帽子になったのがこれ。わざと大きめにしてみました。スウェーデンのお子様+マタニティーブランドのPOLARN O. PYRET(略称PO.P)の物にしてみました。ここには可愛いくて、センス良いのがたくさんあるんですよ。

>>続きを読む

2007年08月10日 コメント (2)

カメラで遊ぶ。

じわじわと日が短くなっていくのを感じています。ちょっと前には23時でも明るかったのに、今日は22時でかなり暗くなっています。夏の終わりも近そうです。。。

070810_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

今回はカメラでちょっと遊んでみました。

>>続きを読む

2007年08月11日 コメント (6)

仲良し兄妹。

今日は我が家の仲良しさんを紹介しましょう。

070811_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Distagon 35mm F1.4 T*

ミチカ(二歳)と、モユル(四歳)の二人です。

>>続きを読む

2007年08月12日 

ローゼンダール ガーデンへ行く。

スウェーデンでは、この週末が夏休みの終わりで、月曜日からは普段の日々が始まるという人が多いようです。

今朝の天気は快晴。いつもの事ながら、お出かけすることに急遽決定。恒例のストックホルム観光スポットを巡る、お上りさん企画です。

070812_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

今回の行き先はユールゴーデンにあるRosendals Tradgard。直訳すれば「バラ谷の庭」だけど、ローゼンダール ガーデンで良いでしょう。

>>続きを読む

2007年08月14日 

ローゼンダールの庭でランチ。

ローゼンダール ガーデンにやって来ました。庭園というとすごく整備された綺麗な場所を思い浮かべますが、ここはそれとは相反する場所です。

強いて言うなら僕が学んでいたカペラゴーデンの庭と似た雰囲気かな。人工臭く無くて良い(正確には人工だけどね)。

070814_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

池を観察。ドロットニングホルムで見たような小魚は見あたらないねー。

>>続きを読む

2007年08月19日 

Rosendalの青い空。

数日更新をしないでいたら両親から「安否確認メール」=「孫の顔を見せなさいメール」が届いちゃいました(笑)。心配ご無用です。

更新をさぼった理由は、
-お盆
-新しいキーボード(すごく良い)を買った。
などが挙げられますが、もう一つ。

現在、ikuru.netの大改装準備をしています。ほったらかしに近かったので、このブログも含めてコンパクトにまとめる予定です。

070819_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

これはローゼンダール ガーデンで見つけた綺麗な風見鶏。青い空も素晴らしい。

>>続きを読む

2007年08月20日 コメント (4)

光の魔術。

写真は光をレンズで捉えて、フィルムやらセンサーで形にするわけですが、今回も光の芸術を見てしまいました。

070820_01.jpg

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 110mm F2 T*

人間の目には絶対に見えない情景が写っています。今回の撮影は絞り開放か、一絞り付近。すごすぎ。

注:サイトリニューアルに備えて、今日からブログの幅を800から1000ピクセルにしてみました。不具合がありましたら、ぜひお知らせ下さい。

>>続きを読む

2007年08月23日 コメント (4)

極浅のピント

空に軽く雲がかかっていると、太陽光が柔らかくなってくれて
、人物撮影はとてもやりやすくなります(影も柔らかくなるから)。ただし、夕食後の撮影(20時半くらいまで明るい)となると、今度は光量自体が少ないので、シャッタスピードを稼ぐ為に、必然的に絞りを開く事になります。

柔らかい光で、柔らかい描写の写真を撮れるのは良いのですが、被写界深度(ピントが合う範囲)がめちゃくちゃ浅くなるので、ピント合わせがものすごくシビアになります。

070823_01.jpg

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 110mm F2 T*

ピントが合わせづらいとはいえ、これくらいの大きさならばちょっと位のズレは許容範囲(パッと見で分からない)かな。

>>続きを読む

2007年08月24日 コメント (2)

Contaxとレンズ達。

今日は夏休み明けのハッセルブラッドのサービスマンの元へ遊びに行ってきました。FEレンズの清掃をお願いしたりして、ついでにもらってきたのがこちら。

070824_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

フィルムマガジンに必須の遮光テレンプです。遮光板挿入口内に取り付ける。これが劣化して、しっかり光を防いでいないと内部のフィルムが感光することになるので重要な部品です。

メカ動作が全く問題ないのに、これの交換だけでサービスセンターに持ち込むのも手間なので、聞いてみたら譲ってもらえました(さっさと聞いておけば良かった。。。)。正しい交換方法(単にネジを外して付けるだけではなかった)も教えてもらったので安心。

070824_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

今回の本テーマはこちら。今は亡き京セラ社製コンタックスの最高峰、RTSIIIの2台。かなり綺麗です。近々ヤフオクに出そうかなと思っていますが、直接のお取引も歓迎致しますので、ご興味がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。値段はただいま検討中です。

>>続きを読む

2007年08月25日 

もう夏も終わりかな。

こちらストックホルムは半袖だと肌寒い時間が随分と増えてきました。あんなに長かった日も、最近では20時過ぎには暗くなってしまいます。長い冬がじわじわと迫ってきてるのでしょうね。

070825_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Distagon 35mm F1.4 T*

とりあえずまだ、夕食後の散歩は可能です。

>>続きを読む

2007年08月26日 

ううっ、やっぱり難しい。。。

超広角カメラSWCの魅力は、何と言っても被写界深度(ピントが合う範囲)が深くてシャープな描写、そして歪みが極端に少ない写りが挙げられると思います。風景写真や、建築写真には特に向いているでしょう。

もう一つ、意外と面白いのが、接写。普通のレンズで言うほどの接写ではないのだけど、SWCでポートレート撮影をするならどうしても近寄る必要が出てきます。特に子供を大きく撮りたい僕にとっては。
しかし、これが難しい。まず、一眼レフでは無いので、どの様に撮れるかを想像しながら撮るしかない事。ファインダーが付いているけど、これは構図を決めるくらい役割しかありません。

そして、特に困難を要するのがピント合わせ。被写界深度が深いとは言っても、接近すると、かなりシビアになってきます。目測(要するに感覚で)となるから、0.6メートルくらいかなあ?と合わせて撮るわけだけど、実際は0.7とか0.8メートルが正解だったりする。失敗写真量産のリスクが高いんです。でも、時にはそれがズバリ当たったりすると、シャキーンッと切れ味抜群の写りをするわけです。

そして、SWCの虜になる、と。

070826_01.jpg

カメラ: Hasselblad SWC
フィルム: Kodak 400VC
レンズ: Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5

この写真も俗に言う前ピン(前にピントが来ている)。まあ、充分なんだけど、悔しいなあ。

子供の撮影には、ゆっくりと距離を測っている暇が無いので、子供と遊びつつ、構図決め+露出決め+ピント合わせを即座に行い、さらに子供に話しかけつつ撮影することが要求されます。どう控えめに考えても、EOS 5Dで撮る方が楽(実質、ボタンを押すだけ)なのだけど、

やっぱりSWCなのです。

>>続きを読む

2007年08月27日 コメント (5)

防寒着を購入。

これまで3年間着続けた、冬用ジャケットの更新の時期になりました。次もパパが大好きなパタゴニアにするか、スウェーデン製のPOLARN O. PYRET(略称PO.P)にするかリサーチを繰り返していました。まあ、リサーチとは言っても、ウェブサイトを見て、店頭で何度も現物を触るだけでしたが(笑)。

パタゴニアの暖かさを伴う軽さは非常に魅力的だったのですが、幾つかのマイナスポイントがありました。
- スウェーデンでは早ければ10月末には雪が降るのに、まだ当分は実物が手に入らなさそうなこと。
- これまでの経験で、首回りと腰回りの防寒が今一つな気がした(もちろん丈が長いモデルもあるはず)。

ということで、今回は(たぶん)北欧でしか売っていないPO.Pを選んでみることにしました。ちなみに、値段はPO.Pもパタゴニアも同価格帯です。普段着はほとんどが頂き物のお古だけど、冬の防寒着だけは妥協できません。

070827_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

サスペンダー付きで、腰回りをしっかりとサポートしてくれます。

>>続きを読む

2007年08月28日 コメント (2)

夕方の撮影は難しいね。

今日のストックホルムは、いきなり冷え込みました。天気は良かったのだけど、長袖を着ていても寒いくらいでした。もうこのまま、秋→冬に突入しちゃうのかな。

さて、今回もSWCで撮った写真です。いつも通り、食後の散歩時に撮っていますが、日が長かった頃と比べると、影が随分と長くなってきました。こうなってくると、撮影も難しくなるね。

070828_01.jpg

カメラ: Hasselblad SWC
フィルム: Kodak 400VC
レンズ: Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5

明暗差が良く分かります。本当は帽子が無い方が、表情が良く見えるんだけどね。

>>続きを読む

2007年08月29日 

寒くなってきたー。

今日のストックホルムは今年一番の冷え込みでした。15度前後。風が強かったので、体感ではもっと寒かったかも。20時頃に気温を測ってみたら12度だったので、明朝はかなり冷え込むことでしょう。

070829_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

試供品でもらった果物ジュース。家族の中で唯一、ミチカにヒット!他の皆には今一つの評判だったのですが、チーちゃんはグイグイと飲んでいます。

>>続きを読む

2007年08月31日 

大胆に遊ぶチーちゃん。

兄のモユルは注意深くて、無茶はしない性格なのですが、どうやら妹のミチカは違うようです。兄のしている事を真似するだけじゃなさそう。

そしてこの日は、夕食前に力尽きて寝てしまったモユル君(昼寝をしなかったので限界だったらしい)を置いて、パパと二人だけでお散歩に繰り出しました。

070831_01.jpg

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 400VC
レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*

あー、チーちゃん、そちらからだと乗れないよ。。。

>>続きを読む