ストックホルムの空を見上げて

2009年01月01日 コメント (2)

湖の上からご挨拶

新年おめでとうございます!
実はまだこちらは、2008年12月31日の22時ですが、日本は既に2009年ですので、新年の挨拶をしちゃいます。

今、家の外からは花火の音が散発的に聞こえてきています。スウェーデンの新年は花火で派手に祝うのですが、0時が近づくにつれて音が増え、新年になるともうそこら中から盛大に花火が打ち上げられます。静かなクリスマスとは様相が一変です。

しかし、とんでもない爆発音のする花火(うるさいだけ)や、無茶な打ち上げ方をする者がたくさんいて、毎年のようにけが人が続出するほどなので、子供を連れて出かける気には全くなれません。というか、結構恐い。新年の街に出る方はお気を付け下さい。

090101_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

本当はモユルとミチカの二人が並んでいる写真を撮りたかったのですが、残念ながらミチカは風邪気味。モユル君一人での撮影と相成りました。今年もよろしくお願いしますねー。

今日は、もう一枚。
2008年に、EOS 5Dで撮った約15000枚の最後の一枚です。

>>続きを読む

2009年01月02日 コメント (7)

大変な事件が!

正月早々、大事件が発生してしまいました。真相解明の為に正月休みを返上して急遽、呼び戻されたのが、FBI特別捜査官である検寝官を目指すミチカ捜査官見習い。

以前からご覧頂いている方はご存じだと思いますが、FBI特別捜査官には、検寝官(”けんしかん”ではなく、”けんしんかん”)という特別な任務を課せられた者がいます。現場の状況から、変寝体(”へんしたい”じゃなくて、”へんしんたい”)に何が起こったかを正確に判断し、捜査を迅速に進める大事なお仕事です。

090102_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

大変な現場を任されてしまい、見習いとしては荷が重いはずですが、堂々たる立ち振る舞い!素質は十分なようです。

まずは現場の証拠保全と、状況確認!

>>続きを読む

2009年01月03日 コメント (3)

凍てつく街

年末年始の間、ずーっと冷え込んでいます。まあ気温はマイナスちょっとだし、風は強くないので大したことはないんだけど、、、いや、やっぱり寒いか。

今日は、キンキンに冷えた街をご覧ください。

080103_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

王立公園にあるスケート場。覚えていますか、ここは春にミチカがステージデビューを飾った場所です。真冬になるとスケートリンクになってしまいます。

まるで夕方の様に影が長いですが、撮影時刻は11時半。日の出が9時ちょっと前で、日の入りが15時。撮影チャンスは短いのです。

>>続きを読む

2009年01月04日 コメント (2)

キンキンに冷えた氷点下の中

はい、予報では、4日の最高気温はマイナス12度だそうです。ニュースサイトによってばらつきはあるけど、とりあえず寒いということは分かりました。こうなってくると、ある期待が高まってきます。

夏に水遊びをした湖の凍結です。

090104_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

12月31日には下見(元旦の写真もその日に撮影)に出かけました。ワゴンにモユルを乗せて、自転車で到着。雪は積もっていませんが、芝は凍り付いています。さあ、湖面はどうかなー?

>>続きを読む

2009年01月05日 コメント (10)

お別れの日

今日のストックホルムも、ガギーーーンッと冷え込んでいます。もう、カチカチとか、キンキンというレベルではありません。

極寒の中、ある場所へ出かけることにしました。

090105_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

いつも、すぐには手袋をしてくれないミチカ。ちょっと経つと「手袋つけてーっ」と、寄ってくるんだけど、出発時には大抵拒否される(笑)。

>>続きを読む

2009年01月06日 コメント (3)

サヨナラのとき

つい数週間前まで住んでいた家へやって来ました。既に引っ越し自体は完了していますが、まだ借り主は僕の名義になっています。そう、二つの物件を持っているんです。単純計算でも出費が倍なので大変です。。。

ある日突然、新居に引っ越した子供たち(保育園の帰り道、そのまま新居へ直行した)は、長い時間を過ごしたこの家にお別れをしないままとなっていました。

080106_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

走っているモユル。約5年半前、まだ三ヶ月の時にここへ引っ越してきました。大きくなったねえ。

080106_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ミチカ。生後30時間から、ここで育ちました。

>>続きを読む

2009年01月07日 コメント (11)

本になりました「ぼくは考える木」

日本から荷物が届きました!新居に初めて無事に届いた郵便物(その前は隣の家に届いた)なので嬉しい。

090107_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

中身は本。先日も少し紹介しましたが、モユルの写真が表紙になった「ぼくは考える木」という本です。発売前に現物が到着しました。まさかこんなに厚い本だとは(500ページ超)!

>>続きを読む

2009年01月08日 コメント (5)

寒さに負けた

090108_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

この一週間ほどの極寒の日々にやられたらしく、風邪をひいてしまいました。。。。

>>続きを読む

2009年01月09日 コメント (6)

ブログで紹介してもらった v('ε')v

つい先日、モユルが表紙になった本のことを紹介したら、発行元の早川書房のブログ「ハヤカワ・ノンフィクちゃん部ログ v('ε')v 2.0β」でも、そのことを紹介してくれていた。僕の写真が選ばれた経緯が載っています。おおーっ、そうなんだ!と、ちょっと嬉しい。

090109_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

スケートの跡を辿るモユル。

>>続きを読む

2009年01月10日 コメント (3)

動と静

今日も風邪のために寝ていたのですが、寝過ぎたらしく眠くなくなってしまったので、ちょっとだけブログ更新しちゃおう。←だから、それがいけないのに。。。

まず、先日のブログで紹介した「ぼくは考える木」。モユルが表紙になっている本ですが、ちょうど良いタイミングなので僕も読み始めました。もっと重たい内容ばかりかなと思っていのに、所々に冗談が入っていたりと意外と面白い。予想していたより(失礼)も、ずっと興味深く読めています。

090110_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

さあ、今日は「動と静」というテーマで写真を選びました。
年が変わっても、何も変わらずいつも通りのミチカです(注:部屋の散らかり具合については言及をお避け下さい)。

ん、あれ、あーっっっ!!
絵の具がなぜあんなところまで飛び散っているのですか!?一体どんな筆さばきをしたのだ。。。

>>続きを読む

2009年01月11日 コメント (4)

限界を知った日

- 正月休み
- 快晴
- ちょっと運動したい
- 子供二人を連れて出かける=ママ休息=良いパパ(と思いたい)
- ついでに凍った湖で撮影したい ← 実は一番の目的

ただし、その日はマイナス15度とか、20度という予報。年に一、二回ある寒波が年末年始に襲来していたのです。防寒対策を万全にして出かけることにしました。無謀にも自転車+ワゴン(これね)で。これなら10分もしないで到着できます

自転車で走って行くだけなら問題無いのですが、ギヤーチェンジをするワイヤーがまともに動作しなくなりました。ワイヤーケーブル内のオイルが固くなって動きが鈍くなったのだろうけど、こども達を引っ張っている上に、雪面からのスタート時などは結構きつい。←それを問題有ると言うのでは?

ちなみにタイヤはノーマルタイヤのまま。スパイクタイヤも検討しましたが、色々と試した結果、このままで良いなと判断(もちろん、凍結路面や深い雪ではまともに走ることは出来ません)。

090111_01.jpg

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 110mm F2 T*

うっすらと雪が被った湖面に到着しました〜。

>>続きを読む

2009年01月13日 コメント (3)

ハズレを引いたらしい

僕のカメラ発掘ルート(以前も書いたような気がしますが)はスウェーデン以外は、ほぼドイツ語圏。時々、オランダとかベルギー。一度、フランス人とやり取りしたら、フランス語のみだったので苦労したこともあります。

面白い物をを見つけ出す眼力にはちょっと自信があったけど(根拠はないけどね)、どうやら久しぶりにハズレくじを引いてしまったみたいです。

090113_01.jpg

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4

良い感じの写真です。

でもね、なんかダメなんです。ディスタゴン60/4はこんな程度じゃないんです。ファインダーを覗いた瞬間、変だなと気づき、「超寒いのに持ってきて失敗した」と思いました。

>>続きを読む

2009年01月14日 コメント (50)

日本の住宅が、あまりにもアレすぎる件

さあ、年に一回か二回ほどやってくる辛口ブログの日がやってきました。ショッキングな言葉遣いと感じる方もいるかと思いますが、一応ご了承下さい。内容は、前から書きたいなーと思っていた事柄。風邪をひいて休んでいる今が良い機会ですので、一気に済ませてしまうことにしました。

スウェーデンに住んでいるということを日本の方に話すと、ほぼ必ず、

「寒くて大変でしょう?」

と言われます。確かに先日のストックホルムは、マイナス20度近くまで冷え込みました。では、僕たちは服を着込み凍えていたと思いますか?東京よりも暮らすのが大変だと思いますか?ここよりは暖かい日本へ行きたいと思っていそうですか?

おそらく皆さんが想像するものとは、答えは全く逆
むしろストックホルムの方がはるかに快適です

 

「冬の室内は寒い」 - これは常識だと思っていますか?

>>続きを読む

2009年01月15日 コメント (6)

宮殿の庭で撮ってもらった

昨日のブログには非常に多くのコメントをありがとうございました。とても興味深かったです。さて、昨日は辛口風味でしたので、今日はホンワカといきたいと思います(笑)。

昨秋、日本からのお客さまと一緒に、スウェーデン王室の居城であるドロットニングホルム宮殿(世界遺産)へでかけました。

そして今日、すっかり忘れていたのだけど、その時に撮っていただいた写真が届いたのです!!お客さまとはday by dayというブログを運営するTLCさん。

すっかり忘れていたけど(笑)、きっと素敵な写真を撮ってくれたはず!と、期待していました。←忘れていたけど(笑)。

090115_01.jpg

TLCさん撮影
カメラ: Nikon D200
レンズ: Tokina 12-24mm F4 DX

ギャー、なんという理想的な親子の風景でしょうか!?

トップ写真用に勝手にトリミングしています(すぐにオリジナルが登場)が、見た瞬間に感激しました。

>>続きを読む

2009年01月17日 コメント (12)

極寒時の服装

一昨日くらいから、また厳しい寒さがストックホルムに戻ってきたようです。その前の、プラス3度くらいの日々には、過ごしやすいと感じていたほどなんですけどね(笑)。

今回は服装について。コーデネートってやつですね。おっと、コーディネートと言おうとしたら口がかじかんでしまったようです。。。写真は僕が風邪をひく前(そして、ひく原因となったと思われる。そしてまだ完治しない)に湖で撮ったもの。極寒の中でもEOS 5Dはちゃんと動作してくれましたが、満充電にしておいた電池は、使い始めた途端に目盛が減っていました。

注:今日はほとんど自己満足の世界ですので、適当に読み流して下さい。

-この日の寒さ
極寒。
手で摘んだ雪がすぐにはとけないくらいと想像して下さい。

パパのコーデネート。
-極厚手袋
パタゴニアのスキー/スノーボード用。わざと大きなLサイズ。←大きめの方が暖かいのです。ただし、カメラは扱えないので、撮影時だけ薄めの革手袋に交換(それでも使いづらい)。

-靴
サロモンのしっかりしたソールパターンの靴。
これは甘かった。油断しすぎたらしく、足先がとにかく冷える。まあ、氷の上に立っているんだから当然か。靴下を重ねるべきかな?

-パタゴニアのズボンシェル(ズボン上)。
防風防水のみ。これはばっちり。タイツを履けば尚良かっただろうけど、許容範囲。

-上着
厚地のフリース(PO.P製なので子供用。一番大きい物だと着られる)に、パタゴニアの冬用ジャケット(裏地フリース)。自転車を漕いでいる時は熱いくらい。

-ネックウォーマー
パタゴニアのフリース製。これの素晴らしさをバイク運転時やスキー時に知って以来、愛用。

-帽子
パタゴニアの極厚フリース製。真冬にしか使わないけど、暖かい。

お分かりだと思いますが、スキー場に行く服装と同じ(もしくはそれ以上)です(笑)。

パタゴニアばっかりでセンス無いなー、と思われそうですが、僕は自他共に認めるパタゴニアック(パタゴニアの熱心なファンをそう言うらしい)です。過剰なまでの機能と、実力を備えた、値段に見合うだけの最高のアウトドア用ウェアーだと思っていますので、こいつ呼ばわりされても褒め言葉と受け止めます(笑)。でも、ストックホルムの店で、半額セール時にせっせと集めているんですけどね。ジャケットなんて、7割引だかで手に入れました(値札を見て目を疑った)。

090117_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

次は、ミチカ姫のコーデネートです。

>>続きを読む

2009年01月18日 コメント (3)

禁句を言ってしまった

こども達を撮るときは、何か巧妙なテクニック(目の前でつまづいてみるとか)を使って、こちらを向いてもらうというのが常道なのですが、この日は安易な手段に走ってしまいました。その後のことを考えずに。。。

090118_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ここはぜひ目線が欲しい!と、「この後、おもちゃ屋さんを見に行く?」と禁断の言葉を発してしまったのです。期待満々の顔でこちらを向いてもらおうという狙いでした。

そういうことで、世界中の親にとって危険極まりない場所(おもちゃ屋さん)へ行く羽目になったわけです。しかも、目線はもらえなかったのだけどね。。。

>>続きを読む

2009年01月19日 コメント (5)

難しいなあー

寒くて厚着をしていると、ちょっと困ることがあります。表情がほとんど見えないのです。

090119_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ただでさえ無表情になりがちな寒さなのに、顔が派手に覆われているので見極めが難しい。

何をしようとしているのでしょうか?

>>続きを読む

2009年01月20日 コメント (8)

どうやら天才なのかもしれない

ミチカは水ぼうそうにかかり、お休み中。現在は随分と良くなり、あとは傷が癒えるのを待つばかりです。体調が良くなってきた途端、愛読書を引っ張り出してきました。

注:
- 今回のブログは、ヤラセではありません。
- また、一回限りの出来事でもありません(ずっと前から)。
- 痛々しい水ぼうそうの痕跡だけは修正してあります。女の子だからね。

090120_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

本当はパパとママの物なのに、「これチーちゃんの!」と言うんです。一体何だと思いますか?

>>続きを読む

2009年01月21日 コメント (10)

寒い時はこうする

極寒のお正月に、水鳥たちを見に湖へ行ってきました(先日までの写真のつづき)。せっかく重たいカメラたちを抱えていたので、たくさん撮らないとね。

090121_01.jpg

カメラ: Hasselblad 203FE
フィルム: Kodak 160VC
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 110mm F2 T*

暖かい夏ならば、ノンビリと水の上に浮いていたんだろけど、今は氷上です。

>>続きを読む

2009年01月22日 コメント (5)

鉄道の旅

モユル君の熱烈なリクエストに応えて、半年ぶりにSpårvägsmuseet(直訳すると路面電車博物館だけど、展示されている物から考えると、公共交通機関博物館)へやって来ました。ミチカは水ぼうそう真っ最中だったので、パパと二人でのお出かけでした。

090122_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

前回と同じく、一番の目的はこれ。小さな電車に乗りたかったんです。

ちゃんと切符を買って、みんなで改札待ち。
可愛いです。

>>続きを読む

2009年01月23日 コメント (7)

壊れた道具たち

普段使っているMac用のキーボードとマウスが立て続けに壊れました。

- マウスは内部の基板と繋がるプリント配線が断線したので、修理不能。
- キーボードは原因不明の連射入力+30秒くらい入力を受け付けなくなる不具合が発生。原因究明はかなり困難(キーボードトップを全て外して清掃しても、治るとは限らない)と判断。

090123_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

結局、新しい物を買ってきました。

必須機器とはいえ、どちらも4代目。。。毎年の様に買い換えている気がする。とはいえ、どちらも乗り換える気は毛頭無いので、同じモデルを使い続けます。

さて、奥にある古い方の物はどうしましょう。

>>続きを読む

2009年01月24日 コメント (4)

水の世界へ

超巨大水槽を備えた日本の水族館と比べると、可哀相なくらい小さな小さなストックホルムの水族館へ行ってきました。

でも、子供の好奇心はとても大きいのです。

090124_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM
ISO1250、絞り4.5、シャッタースピード1/40秒

水槽の魚たちを見つめるモユル。

>>続きを読む

2009年01月25日 コメント (4)

ちょっと辛い思い出

久しぶりに、本当に久しぶりにヤフーオークションへ、たくさん出品をし始めたのだけど、システムが変わっていたり、僕の手際が悪かったりで、物凄く疲れた。。。

このブログ右横にある、売りますコーナーで残っていた物なども、ちょっと値下げして出品。ヤフオクのシステムが変わっていたのだけど、必殺の「商品写真一挙50枚掲載テクニック」は、まだ有効でした(ホッ♪)。

どれもこれも、手元に残しておきたいお気に入りなのだけど、「そんなに良い物なら、さっさとどなたかにお譲りしなさいっ」という、抗いようのない正論に屈することになりました。譲り先が見つかると良いなあ。

090126_01.jpg

カメラ: Hasselblad SWC/M
フィルム: Kodak 400VC
レンズ: Carl Zeiss Biogon CF 38mm F4.5

ヤフオク出品カメラの商品説明に載せる作例をさがしていたら見つけた一枚。約二年半前。3歳のモユルです。良い写真だけど、実は僕にはちょっと辛い思い出なんです。

>>続きを読む

2009年01月26日 コメント (5)

家庭内フィッシング

北欧の冬は、必然的に室内で遊ぶ時間が中心です。

090125_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ミチカの視線を隠しているのは何かな?

>>続きを読む

2009年01月27日 コメント (3)

アップグレードしました

ミチカは水ぼうそうから復活したのですが、ひき続き、モユルが水ぼうそうを発症。保育園では誰も水ぼうそうになっていないので、どこからもらってきたんだろう?保育園で流行(ウイルス感染から発症まで2週間くらい)する発生源になってしまうのでしょうか!?

090127_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Distagon 35mm F1.4 T*

随分と傷も癒えて、元気なミチカ。水分補給に手を伸ばしているのは。。。

>>続きを読む

2009年01月28日 コメント (9)

自己アピールしないとね

なんか色々とやることがあって、やたらと忙しい(でもネタはあるので更新。コメントは滞りがちなのに。。。)のですがあっという間に保育園へ子供を迎えに行く時間(15時前後)になってしまいます。朝六時とか七時から働いている人がスウェーデンに多い理由がなんとなく分かる気がします。

090128_00.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: EF50mm F1.8 II

我が家のビクトリア号。真冬の今でも大活躍しています。でも、ちょっと問題があるのです。

>>続きを読む

2009年01月30日 コメント (1)

強奪事件が発生

僕はTempurテンピュールの枕を愛用しているのですが、これに絡んで我が家では、しばしば凶悪事件が発生するんです。

090130_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

つい先日までパパ専用だった(はず)の枕を、座布団代わりにするミチカさん。

>>続きを読む