ストックホルムの空を見上げて

2008年10月01日 コメント (4)

作戦を着実に進行する

綺麗な木立の中へ遊びにやって来ました。実はこれ、ある作戦の一環だったのです。うまくいくかは、しっかりとした下準備とタイミング次第。どうなるかな?

081001_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Distagon 35mm F1.4 T*

落ち葉の中を歩き回ったり、駆けたりする二人。

>>続きを読む

2008年10月02日 コメント (6)

作戦完了!

緻密な計画と共に遂行していた作戦が、ついに最終局面を迎えました。

<作戦概要>
日曜日

外に遊びに行く

たくさん遊ばせる

路面電車+バスに乗る

昼食

ふたたび外出

だんだんと眠くなる

寝かしつけ

081002_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Distagon 35mm F1.4 T*

大成功♪

>>続きを読む

2008年10月03日 コメント (5)

長い道のり

モユルとミチカが通っている保育園は、子供の足でも自宅から5分くらいで着くほど近くにあります。が、な〜ぜ〜か、やたらと時間がかかるので不思議でしょうがない。

記録に収めることにしました。

081003_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

まずは石の上に登る。

>>続きを読む

2008年10月04日 

結局、遅刻した。。。

昨日からのつづきです。何の話かというと、単なる通園風景。近いのに、やたらと時間がかかるんです。

081004_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ここも落ち葉が増えてきたねー。

>>続きを読む

2008年10月05日 コメント (4)

ちょっとでも大きな違い

このところ、保育園の庭をよく載せています。EOS 5Dにディスタゴン35mmや、EF24-70mm F2.8L USMを付けて撮っていますが、今度はプラナー50mm。

焦点距離35mmと50mmというと、「たったの15mm差」と思ってしまいますが、結構描写が変わります。←いや、当然。

081005_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss (Contax) Planar 50mm F1.4 T*

ミチカさん、やたらと精悍な顔つきですね。各レンズを同条件で撮影しているわけではないので一概には言えないけど、やっぱり違うなあ。←いや、だから当然。

>>続きを読む

2008年10月07日 コメント (6)

ローライフレックス3.5A

人気の高いローライフレックスの中でも、初期世代になる3.5Aを手に入れました。3.5Fもあるし、父が2.8Fを持っているので特に手を出すほどでもなかったのですが、「ローライのサービスマンから」という言葉に負けてしまいました。

ローライ全盛時に、本国ドイツからスウェーデンに送り込まれたサービスマンが、今もまだストックホルムにいることが分かりました。引退し、年金生活だけれども、ちょこちょこと直しているらしい。早速、調子が今一つだった3.5Fを診てもらうことにしました。こんな事なら、ローライ35を日本に送り返すんじゃなかったなあ。

081007_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

これが新入りでありながら、我が家で一番古いカメラになったRolleiflex 3.5A(たぶん1951年製)。注:写真は合成です。

>>続きを読む

2008年10月08日 コメント (3)

6X17サイズの物凄さ

世間では、135判フルサイズ(36mmX24mm)の新型ラッシュとか、ライカSというデジタルカメラに採用された新フォーマット、フェイズワンがリリースした大型センサー(中判6X4.5をカバーする)を有したデジタルバックなど色々な話題がありますが、まだ現在のデジタルカメラでは絶対に真似の出来ない世界があります。

081008_00.jpg

カメラ: 富山製作所 Art Panorama 170
フィルム: Kodak 400NC
レンズ: Nikon nikkor-SW 90mm F4.5

それが、このアートパノラマ170で撮る写真。撮像面の面積比は、6X6中判の約三倍、135判フルサイズと比べればなんと約11倍(APS-Cとならば約29倍)にもなります。

デジタルとフィルムの画質云々という話は別としても、フィルム/センサー面積の違いから、このカメラにしか撮れない世界が潜んでいます。

>>続きを読む

2008年10月10日 コメント (4)

デビュー間近かな?

風邪をひき、二日続けて寝込んでいます。こども達が保育園へ行くようになってから、風邪をひくと症状が重くなった気がします。しかーし、そんな状態にもかかわらず、撮らないで済ませられませんでした。汗をかきつつ撮影。そして、すぐにブログへアップ(笑)。緊急エントリーです。

ちょうど一年前にも紹介しましたが、モユルとミチカが使って良いハッセルブラッドが一台あります。当時はまだ今一つ使い方を理解していませんでしたが、段々と様になってきています。

081010_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

どうですか、これ!
もう立派なハッセルブラッド使いと言えそうです(笑)。

>>続きを読む

2008年10月15日 コメント (6)

病床の友

まだ体調が冴えません。。。
物凄くヒマ(笑)なわけで本を読んだりと、のんびりしていますが、素敵なお友達もいるんです。

先日の驚異的な円高のお陰で、こちらの品の値が日本で買うのと同等(税25パーセントを含めても)、へたしたら安いという金融マジックが起きました。

081015_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

iPod Touch君です。電話の出来ないiPhoneと思えば良いはず。これが楽しい。

>>続きを読む

2008年10月19日 コメント (2)

霧の中

ようやく体調が良くなってきました。休んでいる間に外の景色は一変。紅葉が一気に進み、もうかなりの葉っぱが散ってしまいました。

今回の写真は僕が体調を崩す前に撮った分。二週間前です。

081019_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

朝霧の中、保育園へ向かっている二人。まだ白樺にも葉がたくさん付いていますね。

>>続きを読む

2008年10月20日 コメント (4)

たったの10日ちょっとで。。。

僕が風邪で寝込んでいた間に、木々たちは冬を迎える準備を一気に進めていました。単に寒くなってきただけですけどね。(注:今日は大きい写真のみでいきます)

081020_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 6枚玉

まずは、僕が体調を崩す前に撮った分。

早番だったティーナ先生を見送っているモユル。まだまだ木漏れ日が綺麗です。

>>続きを読む

2008年10月21日 コメント (14)

ビザを更新!

当初、この秋を最後に日本へ帰国する予定でした。

しかし、計画を変更して、スウェーデンにもう一年滞在することにしました。その為には移民局に滞在許可証の延長を申請しないとなりません。5月終わりに申請書を提出して、やっと受理の知らせが届きました。

081021_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

査証をパスポートに貼ってもらうために移民局へやってきました。待ち時間がめちゃくちゃ長いので、パパが朝一番にでかけて先に番号札を確保しておきました。

>>続きを読む

2008年10月22日 コメント (4)

やっぱり真っ赤

一ヶ月ほど前に、「世界一強烈な駅」を紹介しましたが、プラットフォームからエスカレーターで上がった先がどうなっているかは不明のままでした。

この地下鉄Solna Centrum駅が、昨日ビザを受け取りに行った移民局に近いことを思い出したので、散歩がてら向かってみました。

081022_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

入り口までは極々普通の地下鉄駅。でも、ん?奥の方は燃えるように赤いぞ。

>>続きを読む

2008年10月23日 コメント (11)

モユルが描いた絵

さて今回は、親バカ度満点の企画ですよ(笑)!

081023_01.jpg

ちょっと頑張っちゃいました。ぜひ、ご覧ください。

>>続きを読む

2008年10月25日 コメント (2)

物作りへの道

スウェーデン最高の場所で家具作りの勉強をした者として、許容範囲外+プライドが許さない+不本意+屈辱(笑)なのですが、IKEAの家具を買ってきました。

だって、安いんですもの(笑)。←いつものパターン。これまでも食卓や本棚を買った。

子供用の机と椅子二脚のセットで3000円(日本での値は約5000円)です。もう冗談のように安い。仮に僕がこれと同じ物を作るとしたら、全て(設計、材料の仕入れ、製作、販売)を30分くらいで終えないと、到底、商売になりません。ようするに不可能(笑)。

、帰国前提で考えると(大きな物に投資はできない)、これくらいで妥協しないとね。日本で自分の工房があれば、もちろん僕が作ります。

081025_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

こちらは今回の組み上げ担当技師のモユルさん。説明書を見ながら、段取り確認をしています。

>>続きを読む

2008年10月26日 コメント (5)

真剣そのもの

IKEAイケアで買ってきた家具を、モユル(五歳)が組み立て始めました。結構、頑張るのでちょっと驚きました。

081026_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

見てください、この超真剣な表情を(笑)!

>>続きを読む

2008年10月27日 コメント (2)

試したかったこと

これまでずっと、出来るだろうと思いながら実行しないでいた事がありました。

081027_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

こちらは今回のモデルを担当するモユルさん。この角度で撮ると、五歳の男の子には見えませんね(笑)。

モデルの少年が装着しているのは、Peltor社製の聴覚保護具(イヤーマフ)。騒音環境下で仕事をする者には必須アイテムです。おそらく世界最高の性能。以前、シンプルな普通のモデルを紹介していますが、とにかく実用性抜群。

父の仕事場にあった物を全て、このPeltorに置き換えました。それまでの物を「ゴミ」と言っても大げさでないほどの実力差だと僕は思います。

>>続きを読む

2008年10月28日 コメント (5)

素敵なアーテストになるかな?

「アーティスト」ではなく、「アーテスト」というのは狙って書いていますので、ツッコミは不要です(笑)。「芸術家」じゃなくて、「ゲージツ家」みたいな感じ。

さて、本題に戻りましょう。
手に入れたばかりの子供家具を使い始めました。

注: 酷い 素敵な壁の状態についてご存じない方へ
こちらをご参照ください。

081028_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

うん、理想的な姿ですね。

>>続きを読む

2008年10月29日 コメント (5)

制限無しの様相

自由な発想、想像を促すためにも制限は少ない方が良いとは思いますが、どうなんでしょうね。。。

081029_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

この壁の惨状はモユルによるものと思われがちですが、違うんです。本当はこの小さな背中の持ち主による作品です。三回くらい綺麗にしたのだけど、すぐに元通り(笑)。

注:この壁についてご存じない方へ
こちらをご参照ください。

>>続きを読む

2008年10月30日 コメント (5)

ヨダレ物の世界

今年もオークションの秋がやってきました。美術品のオークションというとサザビーズやクリスティーズが有名ですが、スウェーデンのBukowskisもクオリティの高い品ばかりを扱うオークションハウスとして有名です。

この二年ほど、美術品オークションは結構な高値で推移してきましたが、今回はちょっと様子が違っています。先日のサザビーズでは予想を大きく下回る落札額となりました。おそらく来週開催のクリスティーズも同じ傾向でしょう。

単純に思いつく点としては、現在の世界的な株安。投機目的での入札が減ったのでしょう。でも、逆に考えれば、今、買っておけば、将来またいつか来る好景気時に高騰するかも知れません。

とはいえ、美術品市場に流れ込む資金が減っているからこその現状です。本当に欲しい人にはチャンスとも言えるのかもしれません。

081030_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ということで、オークションに出品される競売品を見に出かけました。そのへんの美術館よりも遙かに見応えがあって堪りません。

たとえば、この写真。北欧インテリアに興味がある人には夢の様なリビングセットですよね。

>>続きを読む

2008年10月31日 コメント (3)

競売入札の戦績

珍しく家具関連のお話しです。

昨日のエントリーでも紹介しましたが、Bukowskisでの美術品オークションが連日続いています。ターゲットにしていた物が幾つかあって、今日の結果が気になっていました。

本当は競売の会場に行けば良いのですが、瞬時の判断、駆け引きが疲れる(←言い訳。小心者)ので自宅からの事前入札にしておきました。しかし。。。

081031_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-70mm F2.8L USM

ウェグナーのThe Chair。チーク材で、籐張りの座面。The Chairの中でも最高級品。当初は入札するつもりだったのですが、子供がいる我が家に籐張りの椅子はリスク大。面で圧をかけるように座る(普通の使い方)ならば良いのだけど、点で圧をかける(例、座面上に立つ。座面上でジャンプ)と、籐が切れてしまう可能性が大きいからです。

でも、落札額(IKEAの椅子と比べたらバカみたいに高いけど、The Chairとして見ると、ものすごく安い)を確認したら、やっぱり入札すべきだったかなと後悔。

>>続きを読む