ストックホルムの空を見上げて

2008年07月27日 コメント (2)

路面電車で巡る

Spårvägsmuseet(直訳すると路面電車博物館だけど、展示されている物から考えると、公共交通機関博物館)へやって来ました。

080727_01.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

木製の車輛横に止まっている、この小さな車輛が気になります。

080727_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

おっ、昔の古いバスだ。マネキン人形の運転手が恐い(笑)。


080727_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D

レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

この館内、ものすごく暗いんです。実際はこの写真よりも暗いほどで、一眼レフでも高感度設定じゃないとまともに撮れません(この写真は、シャッタースピード1/30秒で、明るく補正している)。他の写真は軒並み1/15秒以下で撮っています。しかし、レンズに備わっているIS(手ぶれ補正機構)のお陰か、静物はまともに写っていました。

蛍光灯が6つくらいあるのは分かりますか?しかし、点灯しているのは、なんと一つ(笑)。たぶん、ここは車庫として使われていた場所なんじゃないかと思うけど、この天井の高さじゃあ、ランプの交換も大変です。

080727_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

さあ、出発です〜。


080727_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D

レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

いきなり頭がぶつかりそうなほどのトンネル(縁はゴムになっています)に突入。

080727_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

この路面電車、なかなか楽しくて、館内を巡って走っていきます。


080727_07.jpg

カメラ: Canon EOS 5D

レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

しかも、展示車輛すれすれを走っていくので、結構な迫力。

080727_08.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

当然ながらモユル君は大喜びでした。



コメント

とても、ビビッドな写真絵物語、最高です。

胸の躍る写真、これからも期待しています!

北欧は私も憧れの地です。私はJazzの愛好家で、北欧の音楽家に
尊敬する方が多く、一度訪問をしたいと考えています。

そんな中、こちらのブログは、とてもいい刺激になりました。

投稿者 さくたん

さくたんさん
ありがとうございます。夏の北欧は最高ですので、ぜひ訪れてみてくださいね。

投稿者 いくる