ストックホルムの空を見上げて


2007年03月23日    コメント ( 0 )

磨くと見違える銀。

僕は自他共に認める銀製品のお手入れ好き。さび付いている可哀相なシルバーを見つけてしまうと、時間を忘れて磨いてしまうほど。

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

これはジョージ ジェンセン社のイヤリング。ローズクオーツ(ちょっと写真ではオレンジ寄りに見えていますが、実際は綺麗なピンク)が素敵です。

070323_02.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

しかし、このイヤリングもつい昨日まで、このように真っ黒だったのです。典型的な銀のさび付いた状態です。

070323_03.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

しかーし、ちょっと磨いてあげるだけで、すぐに銀本来の輝き(本当はもっと綺麗なのだけど、上手く撮れなかった)を取り戻すことができるんです。この瞬間がたまらなく僕は好き。

070323_04.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T*

こちらは雰囲気良く撮れました。金と銀のコンビブレスレット。週末にヤフオク出品予定です。

銀製品のお手入れは面倒そうですが、一番大事なことは、”使うこと”。これだけで、輝きが保たれます。さび付いている物を付けているようでは、滅多に使っていないことがバレバレです。

070323_05.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

磨けば光る、我が家の原石。

070323_06.jpg

カメラ: Canon EOS 5D
レンズ: Canon EF24-105mm F4L IS USM

こちらではお昼寝中。輝く日を楽しみにしています。
以上、親バカでした。


 
 

コメント

コメントをお願いします