ストックホルムの空を見上げて

カテゴリーMakina / ストックホルムの空を見上げて

2007年07月26日 コメント (3)

マキナのワイド。

昨日に引き続き、プラウベル マキナの広角撮影モデルであるW67で撮った写真です。つい先日に知ったのですが、たった3500台しか作られなかった物だそうです。良いカメラなんだけど、レンズ交換できないからしょうがないのかな。 カメラ: Plaubel Makina W67 フィルム: Kodak 400VC レンズ: Nikon Wide Nikkor 55mm F4.5 とはいえ、写りはマキナ670同様に素晴らしい。ツアイスのディスタゴンよりも柔らかい描写に感じる。日本製のレンズはもっとシャープというイメージを持っていたのですが、ちょっとしたカルチャーショックです。中判用のレンズとかだと結構違うの

続きを読む

2007年07月25日 

これもすごい。マキナ W67。

先日紹介したマキナ670の広角レンズ搭載機、マキナW67を今回は紹介します。670の時と撮影条件は違いますが、それでもこのカメラの魅力は伝わるのではないでしょうか。 カメラ: Plaubel Makina W67 フィルム: Kodak 400VC レンズ: Nikon Wide Nikkor 55mm F4.5 すごく柔らかい印象だったマキナ670より、少し硬めかな。まあ、広角レンズだから当然か。コントラストも高い気がする。でも、光線状況が全く違うから正確には分からない。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 今回、

続きを読む

2007年07月10日 

これだから、写真はやめられない。

ひょんな事から、プラウベルのマキナ670が手元にあるわけですが、やっぱり僕は子供たちを撮影してしまいます。日本のレンズだからもっとギンギンにシャープな写りをするかと思っていたら、全然違うので驚きました。 カメラ地獄へ導く強力な力を感じてしまいますが、これがまた大きな魅力なんですね。←意味不明。 まあ、既に僕はハッセルブラッド地獄にはまっているわけですが。。。 カメラ: Plaubel Makina 670 フィルム: Kodak 160VC レンズ: Nikon Nikkor 80mm F2.8 とりあえず、こんな素敵な表情を撮れてしまうと、全てを忘れて自分を納得させられる気がします(笑)。

続きを読む

2007年07月09日 コメント (5)

これは良い!マキナ670。

僕はドイツ製のツアイスレンズがついた、ローライとかハッセルブラッドばかり使っていたのですが、実は今回が、ほぼ初めてのニッコール(日本光学”ニコン”のレンズ)。大昔に父のニコン F何とかを借りた事はあったけど、写真好き(+写真機好き)になってからは間違いなく初めて。 良いぞとウワサは聞いた事があった、マキナ670(ニッコール搭載)で子供達を撮ったわけですが。。。 カメラ: Plaubel Makina 670 フィルム: Kodak 160VC レンズ: Nikon Nikkor 80mm F2.8 むきゃぁぁ、すごく良いデスよ!←(のだめ語)

続きを読む

2007年06月29日 コメント (6)

ヤフオク出品予告。

近々、大物カメラ達を出品する予定です。ちょっと変わったカメラ達です。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 僕のお気に入りハッセルブラッド203FE。数あるハッセルブラッドの中でも一番汎用性がある最高のカメラです。電子制御のAEでも使えますし、マニュアル露出も、電池を使わずに完全機械式での使用も出来ます。 そして、このボディはもう一つ、特色を備えています。何でしょうか?

続きを読む