ストックホルムの空を見上げて

カテゴリーC 120/5.6 / ストックホルムの空を見上げて

2006年10月23日 コメント (3)

マクロプラナー120ミリ。

僕はよく好んでS-Planarを使っていますが、同タイプで新世代のレンズはMakro-Planar(ドイツ語なのでMacroではなく、Makro)と名前が変わっています。近接撮影に強いレンズです。 今回は、そのマクロプラナーの代表格(と言っても、2種類のみ)である120ミリのレンズでミチカを撮ってきました。 カメラ: Canon EOS 20D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* レンズは現在、ヤフオクに出品中の物。外観は使用感があるけれど、レンズは完璧と言っていいほど綺麗。フルメンテナンス済みですが、出品前に確認がてら持ち出しました。203FEにワイ

続きを読む

2006年05月31日 コメント (2)

もう一つのS-Planar、120ミリ。

前回のエントリーでS-Planar135mmを紹介しましたが、S-プラナーにはもう一つ、120mm/F5.6というモデルが存在します。こちらは135ミリと比べ、非常に扱いやすく人気も高いようです。 またも結論から述べますが、やっぱりツアイス。素晴らしい描写です。毎回、同じ表現ばかり恐縮ですが、特に近距離撮影時(ポートレートなど)の描写には感激。撮影時点でかなり良さそうな予感がするほど、手応えを感じました。 注:全ての写真はF8かF11に絞って撮影しています。おそらくレンズの最高性能を発揮するのはこの辺りと思われます。写真にはスキャン時のホコリが映り込んでいますのでご了承下さい。また、フィルムの

続きを読む