ストックホルムの空を見上げて

カテゴリーFE 50/2.8 / ストックホルムの空を見上げて

2009年04月12日 

雪解けの公園

現在、ヨーロッパはイースターの休暇中。仕事もお店もお休みなので、クリスマス並みに静かです。明日はちょっと楽しみなイベントが控えています。天気が良いとうれしいなあ。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*後期型 今日の写真も二週間前に撮った物。ここ数日の15度前後の陽気と比べると、随分と寒そうです。

続きを読む

2009年04月11日 

難しい条件

二週間前にハッセルブラッドで撮った写真を載せてみます。雪がやっと無くなり、日が長くなってきたとはいえ、夕方などは、写真撮影にはまだ厳しい条件でした。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T*後期型 日影で遊んでいる子供の、さらに暗い体の内側に露出を合わせると、日なたは派手に真っ白。もし、背景の明るさに合わせたら、モユルは真っ黒に写っていたはず。輝度差が極端に違ったのでしょう。

続きを読む

2008年08月09日 コメント (3)

小さなオリンピック選手

怪獣みたいな名前のレンズ、ディスタゴンで撮った写真です。オリンピックが開幕しましたが、我が家では毎日のように様々な競技が開催中です。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 保育園(すぐ近く)の皆で来るときや、ママと遊びに来た際に上がっているのは聞いていたのですが、初めて僕の前で上まで登ってくれました。

続きを読む

2008年08月08日 コメント (3)

久しぶりです

ビオゴン(ハッセルブラッドSWC)や、ディスタゴン60mmの影に隠れて、出番の少ないディスタゴン FE 50mmを使いました。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* うわー、やっぱりよく写るなー。 この遊具、クルクルと回っていたんだけど、良い瞬間に撮れました。

続きを読む

2007年09月06日 

滑り台の遊び方。

サイト更新をちょこちょこと続けています。今いじくっているのが、このブログを動かしているMovableTypeのシステム。以前使っていたバージョンから更新したのですが、随分と使いやすくなっていて喜んでいます。例えば、複数のカテゴリー指定など。 プログラムを一部、書き換えてアップ作業を素早く済ませられるようにしたり、データーの分類方法を変えてみたりと、難しいながらも楽しんでいます。日記としての重要な記録なので、少しでも使いやすくしたいです。 そして今回初めて取り組んだのが、旧サイトのページなどから飛んで来た方を逃さない技術(大げさ)。存在しないページに来ると、通常は「404エラー」とか、「NOT

続きを読む

2007年08月31日 

大胆に遊ぶチーちゃん。

兄のモユルは注意深くて、無茶はしない性格なのですが、どうやら妹のミチカは違うようです。兄のしている事を真似するだけじゃなさそう。 そしてこの日は、夕食前に力尽きて寝てしまったモユル君(昼寝をしなかったので限界だったらしい)を置いて、パパと二人だけでお散歩に繰り出しました。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 400VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* あー、チーちゃん、そちらからだと乗れないよ。。。

続きを読む

2007年05月29日 コメント (4)

タンポポのじゅうたん。

ストックホルムは今、春真っ盛り。最高に過ごしやすい日々が続いています。(でも、今日から数日は雨らしい) カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* いつも遊びに行く公園内の芝生にはタンポポが咲き乱れています。最高の撮影条件が整いました。

続きを読む

2007年05月28日 コメント (6)

EOS 5Dにツアイス ディスタゴンFE50mm

今日は雨の予報だったのですが、ずっと快晴。日の入りは21時半過ぎなので、夕食後にも遊びに出かけられる素晴らしい一日でした ここ数日、50年前のエクター80と135ミリのレンズをEOSに付けた写真を紹介していましたが、今回は最新世代のツアイスであるFE50mmで撮ってみました。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 砂場で記念撮影。どうやってこの表情を引き出したのか、全くもって不明(笑)。嬉しい。 エクターと比べると、当然ながらコントラストも高く、ずっとシャープに撮れますね。

続きを読む

2007年01月14日 コメント (4)

週末を乗り切りました!

こんばんは!個展後半の週末が終わりました。なんと土日合わせて350人もの方々にご来場頂きました。ありがとうございました。休む間が全く無く、さすがにちょっと疲れましたが、なかなか出来ない経験ですし、色々な方とお会いでき、とても面白いです。 たくさんの方とお話しできましたが、こちらからご挨拶できない方もたくさんいらっしゃったかと思います。申し訳ありませんでした。 カメラ: Hasselblad 203FE デジタルバック: Hasselblad CFV レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 今日は会場風景をご覧ください。先日までの写真は全て手持ちでの撮影

続きを読む

2007年01月09日 コメント (5)

1600万画素。

今日で個展も前半が終了します。毎日たくさんの方にお越し頂いています。一日があっという間に過ぎるほど、充実しています。ヒマだったらどうしよう、と思っていたのは幸い、杞憂に終わりそうです。 カメラ: Hasselblad 203FE デジタルバック: Hasselblad CFV レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 忙しいにもかかわらず、撮影も隙を見つけてしています。これは会場近くの東京都庁。ここをクリックすると等倍表示(4メガほどの巨大ファイルなので注意してくださいね。あと、いきなりセンサー上のゴミが見えますが、見逃してくださいね)になります。408

続きを読む

2007年01月08日 コメント (2)

デジタルバックの威力。

個展初日から使い始めたハッセルブラッド用のデジタルバックCFVを使って、写真を撮っています。 センサーサイズが中判フィルムのサイズより小さい為に撮影エリアは小さくなります(トリミングをしたと考えると分かりやすい)が、それでもツアイスレンズの良さが分かって面白いです。とりあえずはディスタゴン FE50mmのみで試しています。 カメラ: Hasselblad 203FE デジタルバック: Hasselblad CFV レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 4日目の朝。タクシーが通り過ぎるのを見計らって一枚。広角感はありませんが、ディスタゴンらしいシャープ

続きを読む

2007年01月05日 コメント (6)

個展スタート!

ついに木曜日からリビングデザインセンターでの個展が始まりました。お正月明けにもかかわらず、たくさんの方にご来場頂き感謝致します。明日は最初の週末です。さらにたくさんの方々とお会いできるのを楽しみにしていますね。 さて、今日から会期中の写真は、なんとデジタルバックで撮った写真でお送りします。1600万画素はやっぱりスゴイですね。ちょっと驚きです。もちろん画像容量も一枚20メガと桁違い(笑)。 カメラ: Hasselblad 203FE デジタルバック: Hasselblad CFV レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 先日、クリスマスプレゼントとして

続きを読む

2006年10月10日 

落ち葉の季節。

こんにちは!今日も、日がどんどん短くなっているストックホルムからお伝えします。 カメラ: Canon EOS 20D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 昨日のエントリーでも述べましたが、10日ぶりのハッセルブラッド使用で持ち出したのは、売れ残ったディスタゴン50ミリ。同じレンズがもう一本あるのだけど、あえてこちらを選択。素早くフィルム交換できるように、フィルムマガジンも携帯(もちろんフィルム装填済み)しました。 カメラ: Hasselblad 203FEフィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50m

続きを読む

2006年10月09日 

ハッセルブラッドを使わない事による禁断症状。

10日ほどハッセルブラッドを使わないでいたら禁断症状が出てきたようです。確かに、職人試験中の高ストレス下の時にも、息抜きに使っていたほどなのだから、もう極度の中毒になっているのかもしれません。←大袈裟 単にさえない天気が続いていたので、撮りに出かけられなかっただけなのです。昨日は久しぶりの快晴。早速、モユルを連れてお散歩に出発。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* もう紅葉も随分と進み、落ち葉が増えてきました。モユルは落ち葉の海をガサガサと歩くのが好きらしい。 カメラ:

続きを読む

2006年08月08日 コメント (9)

売れ残りのディスタゴン君で撮影。

ヤフオクで数本のハッセルブラッド用ツァイスレンズを出品していましたが、ディスタゴン FE50mmのみが、落札頂けずに売れ残っています。理由として考えられる事は、やっぱり価格設定でしょうか。新品同様品なら安いと感じるはずなのですが、このレンズはメンテナンス済みとはいえ、レンズコーティング面に細かい拭き傷が付いているので敬遠されがちなのだと思います。 商品説明にも書いていますが、画質に影響があるとは思いません。特に理論的裏付けがあるわけでもありませんが、”この程度の傷で光学性能が変わるようだったら、工業製品として失格。”だからです。 もちろん超精密測量などの特殊用途に使う物だと、問題大有り(たぶん

続きを読む

2006年07月21日 コメント (2)

カペラゴーデン夏の展示会。

昨日から参加してみる事にしたブログランキングですが、たくさんの方にクリック頂いたようでなんと一日で随分と上の順位になりました。昨晩は700位くらいだったのが、現在9位です。ここまで来るには、もうちょっと時間がかかるかと思っていたので驚きました。本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願い致します。 <本編です> カペラゴーデンでは夏休み中、近所の会場で本科の学生達の作品展示会を行っています。そこで今回、僕はハッセルブラッドを抱えて会場を訪れました。三脚は使わずに手持ちでの撮影だった為、ぶれないように気をつける必要があり、結構苦労しました。光を求めて彷徨っていた気がします。 注:使

続きを読む

2006年07月20日 コメント (5)

カペラゴーデンでお仕事中の人々を撮影。

<お知らせ> たくさんの方にこのブログの事を知って頂けたらと思い、ブログランキングに参加してみる事にしました。そこで皆さんにお願いがあります。毎日一回、エントリー内に用意してあるリンクをクリックして頂けないでしょうか。皆さんのワンクリックが一票となります。さあ、まずは練習でここをクリック!(もちろん任意です) <本編です> やっとカペラゴーデンで撮影したフィルム達のスキャンが終了しました。まず今回は人物写真から。単にスウェーデン人を撮影するのではなく、作業中を狙って撮っています。 撮影は僕たちが滞在している間に開催されていたサマーコース中に行いました。今回の使用レンズはCarl ZeissのD

続きを読む

2006年07月19日 

ただいまスキャン中。

バカンスを過ごしに訪れたカペラゴーデン。こんなに素晴らしい環境で高いレベルの物作りを学べる学校はおそらく世界でもまれ。いや、ここだけかも。 創作活動の過程で、たくさんのインスピレーションを受ける事が大事な若いアーティスト達にとっては完璧な場でしょう。ということで今回の訪問では、年間を通して一番美しい時期のカペラゴーデンを撮影するという目的がありました。 もちろん、その環境の中で家族を撮るという事も大きな目的。場所を選ばなくても必ず絵になる最高の場所です。ハッセルブラッドで撮る写真にはかなりの気合いを入れていました。ここでの撮影データは今後の僕にとって宝物となりそうです。 しかーし、先日のエント

続きを読む

2006年05月27日 コメント (2)

久しぶりにハッセルブラッドで撮影。

職人試験に時間を取られていた為、なんと一ヶ月以上もハッセルブラッドで撮影をしていませんでした。カメラを触ってはいましたが、撮影をしないのではカメラの意味がありませんね。。。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 400NC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* ということで、前回のエントリーで紹介した今年の展示会で久しぶりに撮影。EOS20Dの写真と比較しながらご覧ください。 この部屋は僕の戸棚など職人試験作品を展示。右手前の机は今回、最高評価を受けた物です。

続きを読む

2006年01月19日 コメント (2)

凍った湖で撮影。その3。

新しいレンズを試したい事もありましたが、氷上というロケーションも手伝って撮りまくってしまった湖へのお散歩。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm RHP III レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 広角レンズの効果を出そうと、大胆にいったつもりだったのにちょっと不満。今度はもっと近寄ろうっと。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm RHP III レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* ふと見たら、チーちゃんもこっちを見ていたんだね。

続きを読む

2005年12月31日 

大雪のストックホルム。

現在、寒波がヨーロッパを覆っていますが、スウェーデンも例外ではなく、僕たちが住んでいるストックホルムでも雪が降り続き、真っ白となっています。 そんな中、今日はディスタゴン君(レンズの名前ね)を持って、買い物に出かけました。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm NPH 400 レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* はっきり言って超満足。一本のフィルム全ての写真(12枚)を気に入りました。今回はその中から一挙、10枚を公開しちゃいます。ピントが甘いとかの指摘はナシですよ(笑)。

続きを読む

2005年11月02日 

今日もまた、お散歩。

スウェーデンでは夏時間が終わり日本との時差が再び8時間となりました。それに伴い、暗くなる時間も早まっていて16時半過ぎくらいには真っ暗になってしまいます。昼食後に散歩をしても既に日が傾いているという雰囲気(笑)。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm RHP III レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* この写真を撮影したのは日曜日のランチ後。全くいつも通りに近所の散歩。

続きを読む

2005年10月27日 コメント (4)

キャノンEOS20Dにハッセルブラッド用のツアイスを付けてみる。

今回はタイトル通りの事をレンズアダプターを使って試してみました。画角が狭いとか、レンズが超重いとか、AE(自動露出)が使いづらいなどの不満点も容易に思いつきますが、僕の感想は”ツアイス最高♪” ローライを使った時も同じような事(例1、例2)を言っていましたが、やっぱりツアイスのレンズは文句なしに素晴らしいです。 カメラ: Canon EOS 20D レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 気に入ったのでいつもより大きめのトップ写真。まだ残っていたタンポポを摘むモユル。撮影は2週間ほど前。

続きを読む

2005年09月28日 コメント (4)

ディスタゴン。

カメラに興味の無い方には”ディスタゴン”というタイトルを見て、何の事?と思われた事でしょう。とりあえず、ウルトラマンに出てくる怪獣の名前ではありません(笑)。 正解はツアイスの広角レンズ名。この一ヶ月ほど使っていない事に気づき、散歩に持ち出しました。超良いレンズだと再確認しちゃいました。欠点は重たさだけど、それを補ってあまりある程です。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm NPC 160 レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 一般的なカメラ(35ミリカメラ)だと28ミリ相当のレンズと同じ画角になります。でも、正方

続きを読む

2005年07月29日 コメント (2)

食後のお散歩。長距離編。

毎日、夕食後にモユルを連れて散歩をしています。寝付きが良くなるので必須事項になっていますが、今回はもうちょっと足を伸ばして湖まで行ってみました。以前にも紹介した場所ですが、このところ天気が冴えなかったので2週間ぶりでした。 カメラ: Canon EOS 20D レンズ: Carl Zeiss Distagon 18mm F4 撮影時: ISO400 1/13s F不明 絞り優先AE 湖に到着直前の森。帽子はパパのパタゴニアだけど、モユルにはまだまだ大きすぎ(笑)。

続きを読む

2005年07月16日 

ストックホルム散歩。 その3

モユルと一緒に出かけたStockholm散歩。街中に観光客があふれている中、パパ(イクル)はベビーカーを押しつつ、写真を撮っていました。今回はやや近代的な建物たちです。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm NPH 400 レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 以前のエントリーでも紹介した王立劇場。右側は王立公園。右手前にはやっぱり不思議な鼻と指が浮いています(笑)。

続きを読む

2005年07月15日 コメント (4)

ストックホルム王宮の衛兵交代式を見物。

昨日からのつづきです。ガムラスタンと隣り合っているスウェーデン王室の王宮へ行ってみました。 *注 幾つかの写真内に虹の様な縞模様が見えていますが、これはスキャン時にフィルムが反っていた為です。現像後すぐにスキャンしている為にこうなりました。反りが解消するまでには数日はかかります。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm NPH 400 レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* いつもの様に(例1、例2)で王室直属の衛兵を撮るつもりで王宮へ向かいました。ここは王宮の北側の出入り口。

続きを読む

2005年07月14日 コメント (6)

真夏のストックホルムへお出かけ。

夏真っ盛りのストックホルム。火曜日にモユルを連れて市内観光をしてきました。行き先は観光客だらけのルート。お上りさんになりました〜。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm NPH 400 レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 超小型のデジタルカメラを持っている人が大半なのに、僕はずっと大きいハッセルブラッドを持って行きました。我ながら物好きだ(笑)。珍しく一日でフィルム2本を消費(12枚X2本)。

続きを読む

2005年07月08日 コメント (6)

BRIOワゴンと一緒にお散歩。

数日前からモユルはBRIOブリオ製のワゴン(手押し車)と散歩をするようになりました。そして、水曜日のストックホルムは超快晴。モユルはお昼寝の気配無し。パパはモユルを撮るべく連れ出す事に決定。当然ながらモユルは喜んで付いてきます(笑)。 カメラはハッセルブラッド(今回の総重量は3キロ)。絞り込めるようにISO400のフィルムを選択。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Fujifilm NPH 400 レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* まずは道路をまたぐ端を渡ろう〜。

続きを読む

2005年06月23日 コメント (5)

Hasselblad + Distagon 50mm

前回の屋外撮影では露出にどうも不満があったので再挑戦。今回もモユルの散歩と称してカメラ片手に出かけました。 僕のように子供を撮ったり、照明条件がすぐに変わる環境では手持ちの露出計で計測しつつ、絞りとシャッタースピードを設定という撮影準備法は困難を極めます。ノロノロしていると、モユルはいなくなっちゃうんです(笑)。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak Portra 400UC レンズ: Carl Zeiss Distagon FE 50mm F2.8 T* 砂の上を歩くとジャリジャリと音がするのが楽しそうなモユル。 このハッセルブラッド203FEの絞り優先モードは

続きを読む

2005年06月04日 コメント (4)

ハッセルブラッド203FEを持ってお散歩。

前回は室内での撮影でしたが、今度は散歩がてら屋外へ行ってみました。ちょうど今のスウェーデンは年間で一番、日が長い時期。例えば今日のストックホルムの日の入りは21時49分で日の出は3時45分。モユルと一緒に寝る僕たちは夜を見る事が出来ない事になります(笑) 今回の写真は水曜日の夕食後、お風呂の時間のちょっと前だったから20時前後に撮影しました。撮影に必要な十分な光(ようするに明るい)があって、ISO400のフィルム(Kodak 400UC)なので、動いているモユルでも大丈夫なくらいシャッタースピードが稼げるはず。 ストックホルム市内のプロラボに現像に出し、翌日に受け取ってきました。さて、結果は?

続きを読む

2005年06月03日 コメント (3)

Hasselblad ハッセルブラッドで撮った写真。

前回、紹介したハッセルブラッド 203FEを使って撮ったモユルの写真をご覧下さい。3種類のレンズ(50mm, 80mm, 150mm)を使って撮りましたが、150mmレンズで撮った分は今ひとつなので今回はパスします(笑)。フィルムは全てKodak 400UCです。 *注  低解像度でのフィルムスキャンをしていますので、画面上での画質はあまり良くありません。 カメラ: Hasselblad 203FE レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 寒いベランダからモユルを待ち受けて撮った会心の一枚。

続きを読む