ストックホルムの空を見上げて

カテゴリーC 60/5.6 +4 / ストックホルムの空を見上げて

2009年10月07日 コメント (2)

女の子らしくなってきた

「帰国に向けて早めの荷造りを!」と心がけているのですが、なぜこんなに荷物があるのでしょうか(笑)!?スウェーデンに来た当初は、ダンボール箱数箱だったはずなのに。。。 最近撮った写真の処理をする暇がないので、今日もまたちょっと前の写真を引っ張り出してきました。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 夏休み明けにミチカは進級し、モユルなど大きい子供たちと一緒のクラスになりました。これからは一緒に遊べます。

続きを読む

2009年01月13日 コメント (3)

ハズレを引いたらしい

僕のカメラ発掘ルート(以前も書いたような気がしますが)はスウェーデン以外は、ほぼドイツ語圏。時々、オランダとかベルギー。一度、フランス人とやり取りしたら、フランス語のみだったので苦労したこともあります。 面白い物をを見つけ出す眼力にはちょっと自信があったけど(根拠はないけどね)、どうやら久しぶりにハズレくじを引いてしまったみたいです。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 良い感じの写真です。 でもね、なんかダメなんです。ディスタゴン60/4はこんな程度じゃないんです。ファインダーを

続きを読む

2008年12月23日 コメント (8)

本の表紙になります

「子供の秘めた才能をイメージさせる写真」という条件付きの依頼が、早川書房から飛び込んできました。ふむふむ、ちょっと興味深い話です。しかし、もう一つの条件がちょっと難しい。 「顔が見えないもの」。 僕は自他共に認める親バカ写真家ですが、後ろ姿を意識して撮ることはほとんど無いことに気付きました。いかにして前側に回り込み、表情を写すかに命をかけていたからです(笑)。 とりあえず、過去の写真ライブラリから、独断と偏見で条件に合いそうな物を選んでみました。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss (Contax) Planar 50mm F1.4 T* 5歳になる直前の春。も

続きを読む

2008年06月23日 コメント (4)

傷物だけど、スゴイんです

夏らしい天気になってから、撮影回数が飛躍的に増えています。通常ならば二回に分けても良いのだけど、今日はまとめて一回で。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 強い日差しが照りつける公園へ遊びに行きました。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 今回のお供はディスタゴン60mm。これまでにも何度も載せていますが、すごく写りが良いので気に入っているレンズです。でも、本当は問題有りまくりのレンズなんですよ。

続きを読む

2008年06月21日 コメント (4)

こちらはどうかな?

先日のエントリーでは、ハッセルブラッド用の初期型Cレンズ Planar80mm/2.8(通称6枚玉)を紹介しましたが、今回はもっと流通数(T*無しで10万本くらい?)が多い普通のPlanar80mm/2.8(6枚玉に対して、7枚玉とも言うらしい)で写真を撮ってみました。 注:同条件での撮影ではないので差は分かりませんが、まあ参考程度に。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 ぎゃー、やっぱりプラナー様は素晴らしい。柔らかい描写が素敵。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar C 80m

続きを読む

2008年06月16日 コメント (4)

ピンぼけでも良いんだけどね

ハッセルブラッド用標準レンズであるプラナー80mmで撮った写真の続き(前回はこちら)です。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 6枚玉 ハッセルブラッドを持っていく時は、最低でもフィルム二本(24コマ)は撮るようにしています。12枚だと、やっぱり心許ない。三脚にカメラを固定して、じっくり吟味した後に撮るのではなく、動き回る子供を追いかけるには、100パーセント手持ちでの撮影になります。 狙って撮るというより、ほとんど一瞬で判断しないと撮れない。しかし、子供を常にハッセルブラッドで撮

続きを読む

2008年04月13日 コメント (5)

木々の中を

シャボン玉遊びをした後、今度は林の中を散策です。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F5.6 光と影の具合がすごく綺麗。

続きを読む

2008年04月11日 コメント (3)

全く別の場所みたい

先日のエントリーで近所の林に行った話を紹介しましたが、その時の写真は動画デジカメのザクティで撮ったお気楽写真でした。 今回は一緒に持っていったハッセルブラッドで撮った写真です。もう別格の写り。まあ、当たり前と言ってはそれまでですが、まるで別の場所にいるかのよう。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F5.6 シャープだということもあるだろうけど、この時にも感じたのと同じく、すごい透明感がある。 ちなみにレンズは絞り羽根が開放のまま動かず、レンズ前玉の中心部に派手な傷があり、後玉にも擦り傷

続きを読む

2007年12月10日 コメント (2)

寒いけど遊ぶチーちゃん。

前回に引き続き、一ヶ月前の様子です。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F5.6 なんか色の調整がおかしかったかな。たぶん元がアンダー気味(露出不足)に撮れていたことも関係あるかも。

続きを読む

2007年12月08日 

日が短い!

スウェーデンへ戻ってきてから、ずーっと冴えない天気が続いています。晴れは皆無で、どんよりと曇っているか、雨ばっかり。雪も全然降らない中途半端な天候ばかりでカメラを持ち出す気にもなれずにいます。 そして分かってはいるけど、冬至へ向けてこれでもかというくらい日が短くなってきました。例えば今日だと日の出は8時半で、日の入りは15時前。曇っていたりなんかすると、さらに暗い時間が長く感じます。あー、撮影(屋外での)に出かけたいなあ。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F5.6 ということで、一ヶ

続きを読む

2007年10月19日 

50年前のレンズ達。

急遽、日本に行ったりと忙しくしていた為に中断していた、ヤフオク出品を再開しようと思っています。棚の上に並んでいるのでなかなか壮観です。でも、カズエママからは厳しい目が。。。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 人気があるにもかかわらず、製造本数が少なかった為に入手難のディスタゴン60mm/5.6です。当然、完璧に整備済み。凄く綺麗ですので、お探しの方はぜひ!

続きを読む

2007年10月01日 コメント (3)

透明度。

撮り比べシリーズ / ディスタゴン60/4 前回はこってりした色に仕上げてみましたが、今度は透明感ある描写でまとめてみました。とはいえ、かなり適当なのでツッコミはご容赦下さい(笑)。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 近づいてきた水鳥を指差しているミチカ。

続きを読む

2007年09月30日 

写真の魔術。

撮り比べシリーズ / ディスタゴン60/4 引きつづき、ディスタゴン60で撮った写真です。 写真の面白い点として、見た目や印象とは違った雰囲気に仕上げられることが挙げられると思います。フィルムの違いやフィルターワークなどの方法がありますが、現代はコンピュータが普及し、フォトショップ上で気軽に調整できるので便利ですね。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 ちょっと発色が強すぎるのだけど、良い感じなので採用してみました。

続きを読む

2007年09月27日 コメント (3)

ママと撮りあう。

撮り比べ / ディスタゴン60/4 前々回にカズエママがEOS 5Dで撮った写真を載せましたが、今回はその時に僕が撮っていた写真を絡めてみます。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 ちょっと格好良いんじゃない!?女流カメラマンという感じでしょうか。

続きを読む

2007年09月26日 

寒空の下で

撮り比べ / ディスタゴン60/5.6 前々回と、前回はEOS 5Dにディスタゴン60をアダプターを介して取り付けて撮った写真でしたが、今回は本来の性能を発揮できるハッセルブラッドに装着して撮りました。Cレンズのディスタゴン60ミリ/5.6です。全て絞り開放。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F5.6 BRIOカートを完璧に扱えるようになったミチカ。一年くらい前にはちょっとした段差でも文句を言っていたのにね。

続きを読む

2007年09月23日 

水辺の子供たち

撮り比べ / ディスタゴンC60mm/4+EOS 5D 昨日に引き続き、ディスタゴン3兄弟(今、勝手に名付けた)で撮った写真です。EOS 5Dに取り付けていますので画角は約100mm相当のレンズ並みに狭くなっています。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F4 昨日の分は3兄弟の長男でしたが、今日は末っ子になるF4モデル。絞り開放での撮影です。3本のレンズを比較する為には、絞ってF5.6にするべきなのですが、この時代のレンズはハッセルブラッドのボディに取り付けていないと絞り込みを行えない構造になっているんです。 カメラ: Cano

続きを読む

2007年09月22日 コメント (2)

撮り比べ

撮り比べシリーズ / ディスタゴン60mm/5.6+EOS 5D 時々頂く質問に、”Cレンズのディスタゴン60mm/5.6と60mm/4は明るさ以外に違いはあるのか?”という物があります。 厳密に撮影すれば描写の違いはあるかもしれませんが、基本的にどちらも同じ光学デザインのレンズです。ちなみに後継の60mm/3.5は新しい光学デザインになっています。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Distagon 60mm F5.6 そこで、シリーズと称して光学デザインが、やっぱり同じである1000/1600F用の60mm/5.6と、500C以降用の60mm/5.6と60

続きを読む

2007年05月30日 コメント (3)

最近集めた物たち。

今日もストックホルムにある学校の卒展を訪問。これで4校目。もう一つ、行きたいところがある。 最近、色々な方からリクエストがあり、日頃からアンテナを張りまくっているのですが、この数週間でたくさん発掘に成功しました。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* コペンハーゲンやストックホルムで見つけたジョージ ジェンセンのアクセサリー。ブローチ二つはかなりの大物。右の琥珀は特に素敵。人気のイヤーペンダントは現在、ヤフオクで出品中です。どなたか落札して下さいね。 カメラ: Canon EOS 5D レンズ: Carl Zeiss

続きを読む

2007年04月17日 

ディスタゴン60mm/5.6の写り。

カール ツアイス製ハッセルブラッド用Cレンズの60mmは、開放値がF5.6(50年代後期)、F4(60年代初頭)、F3.5(70年代後半から80年代)の三種類が作られていました。F4は使ったことがないけど、この60mmレンズはツアイスレンズの中でも特に良い描写をすると感じます。 なにげに読者の皆さんから一番、問い合わせが多いのもこのレンズです。数が少なく、なかなか見つからないんですね。使うたびに見とれてしまう(例1、例2)写りと、50mmと比べて軽量なのも魅力です。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon

続きを読む

2006年09月03日 コメント (2)

ミチカ特集。その2。

モユルばかりで、チーちゃんがあまり出てこないという、ご指摘がありましたので、半年前に引きつづき、チーちゃん特集です。 その前に、まずは先ほど、ヤフオクに出品した物たちを幾つかご紹介。ご興味無い方には申し訳ありませんが、生活が掛かっていますので少々、お付き合い下さい。そうなんです、先日、ご質問(こちらのコメント欄参照)を頂きましたが、スリル一杯なんです(笑)。 というわけで、気になる物がありましたら、モユルとミチカの為にも落札をお願いしますね〜。 カメラ: Canon EOS 20D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* 今回はマクロ撮影用のアイテムを2点

続きを読む

2006年08月31日 コメント (2)

ディスタゴン C60ミリ/F5.6

つい先日、入手したばかりのディスタゴン 60mmで試写してきました。 カメラ: Hasselblad 203FE フィルム: Kodak 160VC レンズ: Carl Zeiss Distagon C 60mm F5.6 解像力が素晴らしいです。拡大してみるとモユルの肌の調子まで分かりそう、いや、分かりました。Sプラナー135ミリでも、そんな事があったなあ。。。 注:今回の写真は全て、絞り開放(F5.6)で撮影しています。 カメラ: Canon EOS 20D レンズ: Carl Zeiss Planar FE 80mm F2.8 T* レンズ内のシャッターは明らかに調子が悪いので、203F

続きを読む